GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2015

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
木造賃貸アパート再生に関わる取り組み [モクチン企画/モクチンレシピ]
事業主体名
特定非営利活動法人モクチン企画
分類
個人・公共向けの意識改善
受賞企業
特定非営利活動法人モクチン企画 (東京都)
受賞番号
15G141288
受賞概要
2015年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

モクチン企画は、戦後、大量に建てられた木造賃貸アパート(木賃)を重要な社会資源と捉え、再生のための様々な活動を展開しているNPO法人である。2011年より「モクチンレシピ」という魅力的かつ安価にアパートを改修できるアイディアをまとめたデザインツールをウェブ上で公開することで、関係主体による自律的な都市環境の更新を促進してきた。 地元密着型の不動産会社をはじめ、住み手、家主、工務店、行政などあらゆる主体と恊働する仕組みを持つことで(「パートナーズ会員」などの会員プログラム)、モクチンレシピのユーザーを広げていき、空室対策に留まらずまちづくりのプロジェクトなども行ってきた。

プロデューサー

連勇太朗、川瀬英嗣

ディレクター

川瀬英嗣、中村健太郎

左)連勇太朗、右)川瀬英嗣

詳細情報

http://www.mokuchin.jp/

活動開始
2012年9月
価格

10,000 ~ 200,000円 (年間の会費(DIY会員、プロフェショナル会員、パートナーズ会員))

販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

1)木賃が変わる、生活が変わる、まちを変える。2)デザインアイディアの共有資源化

背景

木賃は都内だけでも18万戸以上あるとされ、ひとつひとつは個人の所有物でありながらも、その数の多さを考えたとき都市に与える影響は計り知れない。近年、社会構造の変化により空室化、老朽化、収益性の低下など多くの課題に直面しているが、建築家に頼めるほど資金的余裕もなく八方ふさがりの状況である。そんななか、汎用性のある改修アイディアを広めることで木賃アパート全体の底上げを実現できるのではないかと発想した。

デザイナーの想い

建築家などの専門家が扱うことのできなかった領域に対して、新しいウェブをはじめとした社会インフラを駆使することで有用なアイディアを流通させ、関係主体をエンパワーメントしていくことで都市や建築を更新していくひとつのモデルを作れたのではないかと考えています。環境そのものを創造していく「システム」そのものをデザインしていくこともこれからの建築家の重要な役割のひとつではないかと考えています。

企画・開発の意義

既存の賃貸市場で競争力を失った木賃アパートを「生活の道具」として住み手と貸し手の両者にとって再び魅力ある生活空間へと再生し、都市空間を構成するピクセルのひとつである木賃の活用を通して、大型資本を投入し既存の文脈をキャンセルしていく大規模再開発に頼らない住み手自身による自律的な都市空間の運営を実現することが可能となる。

創意工夫

①単にオープンソースなデザインプラットフォームを開発しただけでなく、実際に木賃アパートを運営・管理している地域密着型の不動産会社や工務店と連携関係(会員プログラム)を築くことで、モクチンレシピのアイディアが現場からのフィードバックを受け更新され成長する仕組みを作った。このことにより、改修アイディア自体も専門家が一方的に提供するものではなく、関係主体全体で育てていく性格を持たせることが可能になっている。②一般的にデザインは専門的なスキルやセンスが必要とされるが、ウェブのインターフェースや改修アイディアを、料理の「レシピ」というメタファーで表現・ヴィジュアライズすることで、多様な主体による質の高い改修が様々な場で実現できるようになった。

仕様

ウェブサイト、会員サービスの運営など

どこで購入できるか、
どこで見られるか

http://mokuchin-recipe.jp/
モクチンレシピ
モクチン企画ウェブサイト

審査委員の評価

戦後大量につくられた木造アパートの多くは老朽化し魅力が失われつつある。かといって高価な改修はできない。そんな状況下、地域密着型の工務店と不動産業者と連携しユーザーのニーズに合った改装レシピを開発することで、新築に負けない争力と、いくつかの物件がまとまることで地域全体の魅力アップの可能性まで引き上げている。負の資産になりかけた木造アパートを有効な社会資源にしつつ、地域雇用の拡大、さらに地域再生まで繋げた逆転の発想は素晴らしく、スクラップアンドビルドを始めとする消費社会後の在り方に対しても未来の可能性を投げかけてくれた。

担当審査委員| 横川 正紀   色部 義昭   上田 壮一   南雲 勝志   山崎 亮  

ページトップへ