GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2015

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
コミュニティープラットフォーム [西新宿CLASS in the forest]
事業主体名
三菱地所レジデンス株式会社、相鉄不動産株式会社、丸紅株式会社
分類
地域・コミュニティづくり/社会貢献活動
受賞企業
三菱地所レジデンス株式会社 (東京都)
相鉄不動産株式会社 (神奈川県)
丸紅株式会社 (東京都)
受賞番号
15G141287
受賞概要
2015年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

東京都庁にも近い西新宿に再開発で誕生する「ザ・パークハウス 西新宿タワー60」には公開空地である「結いの森」が整備される。周辺には複数の再開発構想があり、住宅エリアとしての発展が見込まれ、ハード整備だけでなくソフトを並行して検討、居住者同士、周辺地域とのコミュニティ支援を目的に本プロジェクトを導入した。自然、防災減災、多様性という3つのコンセプトを軸に、入居前から入居後までの6年間で計60回のプログラム開催を予定し、居住者・地域主体のアイディア実現も可能な仕組みとした。2017年の入居前から居住者を含む交流の場となっており、多様な繋がりが、地域全体に広がっていくことを期待している。

プロデューサー

三菱地所レジデンス株式会社 岡田友裕+相鉄不動産株式会社 高田仁志+丸紅株式会社 高橋直之

ディレクター

HITOTOWA Inc. 荒昌史+三菱地所レジデンス株式会社 柴田純

デザイナー

フォーシ―カンパニー 鎌田菜穂子+東京おもちゃ美術館 多田千尋+more trees 水谷伸吉+生態教育センター 奇二正彦+えがおつなげて 曽根原久司+CCJ 吉高美帆+アスリートソサエティ 秋本真吾

公開
2015年1月20日
販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

居住者同士や地域が「ゆるやかなつながり」を持ち、共に暮らす未来を描く、都市のコミュニティをデザイン。

背景

再開発では従前からの地域住民と新住民が共に同じ建物に住まう。この街をより良くしようという長年の地元の想いを受け継ぎながら、多様性を持つ数多くの居住者がどのように暮らしていくかを考えた。東日本大震災以降、マンションにおけるコミュニティ形成の重要性が見直され、公開空地、マンション共用部という「つながりの場」で、安心安全で、人や自然がつながり、互いに支え合える継続的な関係性を育みたいという想いがあった。

デザイナーの想い

大都市における21世紀に相応しい人と人のつながりのある住まいの在り方を提案するプロジェクト。それはプライバシーとコミュニティが両立し、防災減災、子育て世帯や高齢者の孤独、自然との共生といった都市の課題解決の土台となるコミュニティ。地権者もいれば賃借人もいて、世帯形態も様々、国際色も豊か。そういった多様性を受容し、いざというときに助け合える住まい、地域となるために出来うることを施した。

企画・開発の意義

木造住宅密集地域の不燃化を図る再開発であり、都市課題に応えるものだが、居住者および地域において、しがらみでも孤独でもないゆるやかな関係を育むことにより、「災害時の共助、孤独な子育て等、入居後の居住者の課題解決」「多世代が集う、多彩なテーマのイベントを開くことで、より暮らしが楽しくなる」「マンション管理の質を高め、地域に開くことにより地域貢献に寄与する」都市におけるコミュニティの在り方を提案した。

創意工夫

●コミュニティ創出が一過性にならないよう、将来的に居住者主体に移行し、継続できる仕組みを念頭にデザイン。管理組合理事会の役割に、マンション及び地域担当の理事を各々設置し、管理費の一部をコミュニティサポート費として計上、居住者アイディアが実現できるプログラムを導入した。●居住者が愛着を持ち、馴染みの場所となるよう、周辺生物調査、公開空地の植栽監修を行った団体が、自然観察会のコミュニティプログラムを担う等、ハードとソフトのデザインを統一した。●コンセプトに沿った複数の専門家を登用し、入居前からイベントを継続開催するなど、参加しやすい居住者交流の場を設けた。●緑の公開空地は、地域の一時避難場所、祭礼の神酒所として活用する予定であり、地域にも開かれたコミュニティの場づくりを行った。●コミュニティイベントについて、積極的に広報展開することで、効果的な情報発信を行い、参加者の幅を広げている。

仕様

地上60階建の超高層タワーマンション「ザ・パークハウス 西新宿タワー60」における、居住者同士や周辺地域をつなぐエリアコミュニティプログラム。マンション入居前から入居後まで6年間にわたり多彩な集いの場を60回提供すると共に、住民参加型のゆるやかなつながりのコミュニティを継続的に育む取組み。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

東京都新宿区西新宿
西新宿 CLASS in the forest

審査委員の評価

本プロジェクトは、当該区画や入居者だけでなく将来的な近隣地域の開発や地域住民を巻き込んだ展開となっている素晴らしい取り組みだと思う。また、その中身のコンセプトやデザインも大変丁寧に取り組まれていることがその後の展開に大変期待できる。

担当審査委員| 横川 正紀   色部 義昭   上田 壮一   南雲 勝志   山崎 亮  

ページトップへ