GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2015

GOOD DESIGN|グッドデザイン・未来づくりデザイン賞

受賞対象名
保育園 [はくすい保育園]
事業主体名
社会福祉法人誠友会
分類
公共用の建築・施設
受賞企業
社会福祉法人誠友会 (千葉県)
株式会社山﨑健太郎デザインワークショップ (東京都)
受賞番号
15G101035
受賞概要
2015年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

この保育園は千葉県佐倉市にある定員60名の計画である。周囲を山林に囲まれた敷地は南に緩やかに傾斜しており、それをそのまま利用して階段状に保育室を配置した。南面と北面に大きく開放できるサッシと斜面を利用した空間による重力換気により、建物に南から呼び込まれた風は林のように林立した柱の空間を高く持ち上げられた北側のテラスへ抜けていく。南に傾斜した大きな屋根面を冷やす井水散水や屋根から伝う雨を受ける南面のジャブジャブ池は、建物に取り込む風の気化装置にする。この場所でしか感じられない風や、雨や屋根散水の水が南側の庇から滝になって遊べる楽しみが子供たちの原体験として残ってくれれば嬉しい。

デザイナー

株式会社山﨑健太郎デザインワークショップ 山﨑健太郎+yamada machinery office合同会社 山田浩幸+株式会社横山俊平デザイン事務所 横山俊平

建築設計者:山﨑健太郎

利用開始
2014年12月
設置場所

千葉県佐倉市

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

保育園は「大きな家」である。場所の周辺環境を正しく読み取り、風や雨と遊ぶ「原体験を作る場所」にする。

背景

千葉県佐倉市においても、待機児童の解消は地域福祉の重要課題である。ところが佐倉市子育支援課によると、民間事業者を選定する事は容易ではないし、また新しく事業に参画する事業者も少ない。事業と社会福祉の両立は民間事業では難しいと感じているからだ。今回の事業主体である社会福祉法人誠友会はこの地域で26年にわたって特別養護老人ホームを運営しており、本計画の保育園事業とより包括的な地域福祉の実践を試みた。

デザイナーの想い

周囲を山林に囲まれたロケーションを活かし、保育園を「原体験を作る場所」と捉え直す。敷地は南に緩やかに傾斜しており、それをそのまま利用して階段状に保育室を配置した。間仕切りで保育室をつくらず、斜面にそった床を配置し、段差によって保育室を規定した。この場所でしか感じられない風、雨や屋根散水の水が南側の庇から滝になって遊べる楽しみは、子供たちの身体感覚を育む。環境を建築空間に翻訳するように計画している。

企画・開発の意義

保育園は社会福祉施設という建物用途が示しているとおり、運営・管理側の論理が強い施設である。本計画では、地域性やユーザー(子供)優位を旨とし、幼少期の感覚が育まれるに相応しい場所をつくることを目的とした。ここにしか吹かない風を感じる事、雨を楽しいと感じる事、いろんな年齢の子供たちと過ごす事、斜面や階段をのびのびと駆け回る事。場所の特徴が子供たちの原体験への橋渡しにすることが施設の意義と考えている。

創意工夫

計画初期から設備設計者と敷地を訪れ、環境を読み解き、技術的工学的に建築空間への翻訳を行った。階段状の保育室は夏の通風計画には絶好の条件で、南側と北側の風の出入口は、建物の高低差を最大限利用し強力な重力自然換気となった。さらに井戸水利用の屋根散水(屋根冷却)を設け、タイマーにより自動的に散水する。屋根に散水された井水は勾配に沿って建物南側へと流れ、その下のジャブジャブ池で受けることにより、気化冷却された風を建物内に導く。また建物東西には既存の樹木を出来るだけ残し、夏季は生い茂った緑が東西方向からの日差しを遮光する。冬季は南面の大開口やトップライトより室内に十分に日差しを取り入れる。またサーキュレーションシステムを設け、一定温度になると温度センサーで暖気回収ファンが自動運転し、建物最上部の暖気回収口より吸い込まれた暖気が建物下部の窓下から吹き出す。この装置により太陽の恩恵を建物全体に供給する。

仕様

床面積530㎡、木造2階建

審査委員の評価

斜面地の特性を最大限に生かして生まれた保育園である。段状に展開する保育室、しかもあえて300ミリというこどもたちにとっては大きな段差によって保育室同士を緩やかに仕切ることで、年齢を超えた交流や視線の交錯が、園全体を活発な場にしている。大きな段差を乗り越えることも、こどもたちにとっては、貴重な原体験になるだろう。さらには重力を利用した換気、井水を屋根に流して冷却効果を期待すると同時に池を設けて遊び場にするなど、斜面地の潜在的魅力をここまで引き出した建築は、見事である。

担当審査委員| 千葉 学   五十嵐 太郎   石川 初   日野 雅司   山梨 知彦  

ページトップへ