GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2015

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
住宅 [CRANKS]
事業主体名
個人
分類
住宅・住空間
受賞企業
河野有悟建築計画室 (東京都)
受賞番号
15G090865
受賞概要
2015年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

喧騒のある敷地にあって周辺から守られたRC造の住まいが求められた。しかしこのエリアはとても地盤が悪く、3階建てRC造では建物が重いために深い支持層まで杭を打つ必要があり、大きなコストがかかる。建物を軽くして杭を無くすために、外周の壁のみを壁式鉄筋コンクリート造、内側の床や間仕切りを在来木造でつくる混構造を計画した。また、垂直壁の"クランク"がRC外殻を構造的に成立させると共に、構造体でありながらライトシェルフやカウンターなどの様々な用途に利用される。外殻は全ての地震力を負担し、内部は耐力壁のない、自由な平面計画を実現した。

ディレクター

河野有悟建築計画室 河野有悟

デザイナー

河野有悟建築計画室 河野有悟

河野有悟

利用開始
2014年6月
販売地域

日本国内向け

設置場所

東京都城東地域

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

生活を守るクランクしたRC造の外殻+生活をつくる木造インフィル

背景

駅前繁華街が接するブロックの中にある敷地。飲み屋やパチンコ店などが建ち並ぶ商店街と、交通量の多い通りが近く雑多な環境で、付近には人通りや車の往来が絶えない。クライアントからは周辺から守られたRC造の住まいが求められた。しかしこのエリアはとても地盤が悪く、RC造3階建てでは建物が重いために深い支持層まで杭を打つ必要があり、大きなコストがかかる。矛盾する条件を乗り越える建築のあり方がテーマとなった。

デザイナーの想い

周辺から守られたRC造の住まいが求められた。しかしこのエリアはとても地盤が悪く、RC造3階建てでは建物が重く、杭に大きなコストがかかる。矛盾を乗り越えることが創造や発想の原点である。この計画により都心部に多い地盤の弱い場所で、防火、防音性能に優れたRC造を活かす、新たな選択肢へ繋がっていくことを指向し、さらに、これまでにない構成のRCと木造の混構造によって、新たな空間の質を生み出すことを目指した。

企画・開発の意義

都心部には地盤の弱い場所が多い反面、防火・防音性能に優れたRC造を要望するケースは多い。RC造は建物が重く、杭に大きなコストがかかる。一般的な混構造は1階をRC造、2階以上が木造となり、建物は軽くなるが、防火、防音性能はRCの外壁より劣る。こうしたケースに応えるべく、外殻をRC造、インフィルを木造にした混構造を実現することで、周囲からの防火、防音性能は維持しながら、建物を軽くすることができる。

創意工夫

外周の壁のみを壁式鉄筋コンクリート造、内側の床や間仕切りを在来木造でつくる混構造を採用した。3層分のRC壁はそのままでは変形が大きくなり自立できない。RC外殻を構造的に成立させるために垂直壁に"クランク"を設けて変形を抑えた。RC造の外郭が全ての水平力を負担することで、内部に耐力壁が無い、自由な計画が可能になる。"クランク"には木の梁が架かる他、構造体でありながらライトシェルフやカウンターなどの様々な用途に利用される。外殻の内に住空間とテラスやコートなどの外部空間が合わせて包み込まれて、周囲から守られた生活空間をつくる。"クランク"は室内外に連続し、RC外殻で守られた大きなひとつながりの空間を感じさせてくれる。

仕様

鉄筋コンクリート造+木造の混構造/3階建て/建築面積:83.23㎡/延床面積:209.34㎡

どこで購入できるか、
どこで見られるか

河野有悟建築計画室
河野有悟建築計画室

審査委員の評価

耐候性や耐震・耐火安全性、防犯性などを外殻であるコンクリート部分に持たせ、内部は木造のインフィルとして、構造体としての軽量性の他、木質空間の衣装性、ならび将来の可変性などを具備させている。アイディアには高い汎用性がある。

担当審査委員| 古谷 誠章   篠原 聡子   中村 拓志   松村 秀一  

ページトップへ