GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2015

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
クランプメータ [AC/DCクランプメータ CM4371, CM4373]
事業主体名
日置電機株式会社
分類
生産・製造用機器・設備
受賞企業
日置電機株式会社 (長野県)
受賞番号
15G070666
受賞概要
2015年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

環状の先端部で電線を囲むことで、電線に触れることなく、安全に電流を測ることができる計測器。直流と交流を自動で区別するなど、電気工事士の仕事をサポートする多彩な測定機能を、自社開発の高精度センサ、高速ICとともに、ハンディな筐体にまとめた。優れた可搬性、広い使用温度範囲、高い防塵防水性能により、様々な環境で高水準の電気計測を行うことを可能とする。

デザイナー

日置電機株式会社 開発推進部 開発推進課 デザイングループ 大沢丈明、日置電機株式会社 営業部 営業企画課 販売促進グループ 尾沼誠司

詳細情報

http://www.hioki.co.jp/

発売
2015年9月
価格

35,000 ~ 37,000円

販売地域

国内・海外共通仕様

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

多彩な機能と性能を、ハンディに。

背景

太陽光発電や蓄電装置の普及、省エネ意識の高まりなどにより、電気工事士の守備範囲は拡大を続けている。また、直流と交流の電路が多数混在する大規模プラントなど、電気工事士が施工や保守点検を行う現場は複雑さを増している。そのため、あらゆる現場に対応して、安全に、確実に、素早く電気計測を行うことのニーズが高まっている。

デザイナーの想い

クランプメータは、電気計測器の中でも特に、手に持つ時間が長く、人に近い計測器である。その使われ方を真摯に考察し、ユーザの手になじみやすい形態を導いた。使用環境面では、冬のカナダ、夏のドバイでの使用に耐えうる設計となっている。国内、国外を問わず、世界中のプロフェッショナル達に、品質の良さや使いやすさを、手に取って感じていただければと願っている。

企画・開発の意義

様々な現場で、専門的な判断を、次々と下すことが求められる電気工事士に、スピード感のある計測を提供する。多彩な機能を備えたハンディな計測器によって、テンポよく計測をすることで、迅速に判断を積み重ねていくことができる。電気工事士の計測は、電力設備の設置と維持を目的として行われる。そのため、我々の毎日を支える電気エネルギーの安心を、広範囲にわたって守ることにつながる。

創意工夫

プロが携行する計測器にふさわしい、多彩な機能と性能を、人間的なタッチのある、ハンディサイズの筐体にまとめた。入り組んだ電線の間をかきわけて押し込むような使い方をされる計測器であるため、先端に向かって筐体断面の周長が連続的に増加するような形状を構成し、その使い方をサポートするようにした。手指の触れる筐体側面に沿ってラバー素材を配し、グリップを高めることで、その形状の効果をさらに高めた。手の中に納まる筐体に対して、大きな液晶の数字を置き、測定結果を読み取りやすくした。電流センサ先端に検電センサを組み込むことで、安全性を高めるとともに、計測器を持ち替える手間をなくした。AC/DC判別回路を内蔵し、交流と直流の電路を一つ一つ区別することなく、連続して計測できるようにした。ハンディな筐体ながら、高い安全性・防水防塵性・耐衝撃性と、広い使用温度範囲を実現した。

仕様

○寸法:約62W×215H×35D mm(CM4371)、約62W×245H×35D mm(CM4373) ○質量:約620 g(CM4371)、約670 g(CM4373) ○最大測定可能導体径:Φ33 mm(CM4371)、Φ55 mm(CM4373) ○使用温度範囲:-25℃〜65℃(CM4371、CM4373) ○防塵防水性能:IP54(CM4371、CM4373)

どこで購入できるか、
どこで見られるか

日置電機株式会社
日置電機株式会社

審査委員の評価

クランプメータは、電線を囲むことで非接触で安全に電流を測ることができる計測器である。本製品は、入り組んだ電線の間をかきわけて押し込むような使い方をサポートするため、先端に向かって筐体断面の周長が連続的に増加するような形状をとり、また手指の触れる筐体側面に沿ってラバー素材を配し、グリップを高めている。計測器としての基本的な性能の高さに加え、機能、使われ方への配慮が行き届いた、優れたデザインであると評価した。

担当審査委員| 小林 昭世   内田 毅彦   内田 まほろ   緒方 壽人   村上 存  

ページトップへ