GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2015

GOOD DESIGN|グッドデザイン・ベスト100

受賞対象名
ライティングオーディオシステム [Relitシリーズ LSX-70/ LSX-170]
事業主体名
ヤマハ株式会社
分類
音響・映像機器
受賞企業
ヤマハ株式会社 (静岡県)
受賞番号
15G040387
受賞概要
2015年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

「灯り」と「音楽」を融合した新しいコンセプトのオーディオシステム。 中心部の朝顔状に上方へ拡がった鏡面部品の下からLEDによる光とスピーカーからの音をあて、ウーファーは下向きに音をテーブルに反射させることで、光と音が360°の周囲に拡がる。ラックやテーブルなど様々な場所で使用することができ、柔らかく周囲を照らし出す光と同時に、自然に囲むように拡がる音楽が、心地良いプライベート空間を作り出す。音と光を同様に扱うことで、Relitの光はまるで音を可視化したかのような印象を見る者に与え、これまでにない音楽の味わい方をもたらす。

プロデューサー

ヤマハ株式会社 音響営業統括部AV営業部AVマーケティング課 倉光大樹

ディレクター

ヤマハ株式会社 デザイン研究所 川田学、中嶋一仁、大野正晴

デザイナー

ヤマハ株式会社 デザイン研究所 檜尾安樹絵

檜尾 安樹絵

詳細情報

http://jp.yamaha.com/products/audio-visual/desktop-audio/interior_audio/lsx-70__j/?mode=model

発売
2014年11月
価格

45,000 ~ 60,000円 (LSX-70 45000円(税抜)、LSX-170 60000円(税抜))

販売地域

国内・海外共通仕様

仕様

■ラインナップ:LSX-70, LSX-170。色 - サンライズゴールド(NC)、ナイトブラック(B)、ダスクブロンズ(TB)。2サイズ各3色、計6モデル。■寸法・重量:LSX-70 - W94 × H241 × D94 mm・0.95 kg。LSX-170 - W271 × H290 × D271 mm・3.3 kg。

受賞対象の詳細

背景

ノートパソコン・スマートフォンなどが普及した今、音楽を聴くことはオーディオ機器以外でも可能となっている。その中で、「音の良さ」や「機能性」、「デザイン」といったこれまでオーディオのフィールドを超えた、音楽が更に楽しくなる価値を考え、「光と音の融合」という提案にたどり着いた。

デザインコンセプト

音と光が一体となって部屋の空気を彩るオーディオシステム。

企画・開発の意義

全指向360度拡散型のスピーカーは、通常のステレオとは違い、聴く人の顔の向きを限定させないため、聴き疲れを生じさせにくい。なんとなく光を見つめて音の方向を向くのでも良いし、何か他の事をしながら聴くのでも良い。このRelitシリーズを通じて、いつも生活の傍らに音楽と光がある、より豊かな暮らしを提案したい。

創意工夫

アロマキャンドルの炎が持つ香と光が分離できないのと同じように、Relitでは音と光が一体化したものにしたかった。その為、音と光を同様に扱い、反射するディフューザーを朝顔のように拡がる形状に磨き上げることで、音と光が同時に360°全方向に拡がって空間を満たす機構を創った。この構造をそのまま素直に包み込む輪郭を形どるようにして全体形状が出来上がっている。

デザイナーの想い

Relitの製品自体がシンプルな分、コントロールするためのアプリケーションも製品の一部として同じ世界観とデザインで造りこみました。光や音の細かな調整や、一週間の行動に合わせた音楽のタイマーをアプリケーションでビジュアル的に簡単に操作でき、よりきめ細やかに生活シーンに寄り添ったものにまとめることが出来ました。Relitシリーズを通じて音と光のある豊かな生活をお届けします。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

商品情報、展示店についてのご案内は以下をご参照下さい。
商品情報
Relit展示店一覧
Yamaha Design Synapse

審査委員の評価

ゼネラルオーディオ全盛の時代からいったん終息した日本のオーディオ業界にまた光が差した一品だと感じた。それも、実際に音を観るという発想で、インテリアの中で光と音を感じることのできる大人空間が想定されている。照明メーカーでも作りえないラスメタル越しの明かりや反射板の雰囲気は息をのむほど美しい。音源は360度無指向で広がり、ユーザーの姿勢を問わないリラックスが前提のコンセプトとなっていて、癒しの考え方が一貫している。

担当審査委員| ムラタ・チアキ   林 信行   みやけ かずしげ   宮崎 光弘  

ページトップへ