GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2015

GOOD DESIGN|グッドデザイン・ベスト100

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
ロボット掃除機 [Panasonic MC-RS1シリーズ、MC-RX1Sシリーズ]
事業主体名
パナソニック株式会社
分類
生活家電
受賞企業
パナソニック株式会社 (大阪府)
受賞番号
15G030277
受賞概要
2015年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

独自の形状とセンサーでお部屋を徹底的にきれいにする家庭用ロボット掃除機.ルーローの三角形を用いたボディ形状で部屋の隅まで入り込み,狭い空間でも小回りが利く.高感度赤外センサー搭載で約20μmの微細なハウスダストまで検知し,汚れが取れるまでしっかり掃除.エリアメモリー機能で汚れの多い場所から効率よく運転開始することができる.優れた性能を精緻感あるグラフィックで表現しつつ,掃除する際の動きや運転音にも拘り,より親しみやすさを感じるよう配慮した.

プロデューサー

パナソニック株式会社 アプライアンス社 ランドリー・クリーナー事業部 事業部長 渕上英巳

ディレクター

パナソニック株式会社 アプライアンス社 デザインセンター 今野 馨晶

デザイナー

パナソニック株式会社 アプライアンス社 デザインセンター 越智 健介

詳細情報

http://panasonic.jp/soji/rulo/

発売
2015年3月20日
販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

部屋の隅まで入り込める形状を徹底追求し,安心して掃除を任せられる信頼あるスタイルを創り出す

背景

ロボット掃除機に関する調査を行ったところ,約4割の方が「狭い場所が掃除できない」「隅のゴミやほこりが取れない」といった不満を持っていたり,欲しいけれど「掃除性能が気になる」「しっかり掃除できなそう」といった不安を持っていることがわかった.このようなお客さまの声に耳を傾け,本当に満足いただける性能を持つロボット掃除機を開発し,豊かで快適な暮らしを提供しようと企画した.

デザイナーの想い

部屋をキレイにするという掃除機に求められる本質機能に立ち返り,徹底的に掃除機能を高めるスタイルを追求した.加えて,生活空間を共にする存在として,親しみやすさを造形として表現した.これからますます拡大するロボットとの共存社会に向け,安心・信頼できる姿の一つとして受け入れていただければ幸いである.

企画・開発の意義

これまでは円形で満足いく掃除ができなかったロボット掃除機であるが,新たな形状を取り入れることで部屋の隅まできっちりと掃除し,清潔で快適な住空間を提供することを目指した. また,実質的な部屋のキレイさだけでなく,きっちりと掃除を完了させることで,機器に対する不満・不安を取り除くとともに,人と機器との信頼関係を高めようとした.

創意工夫

●隅のゴミ取り性とすり抜け性を両立すべく,ルーローの三角形をもとにしたボディ形状を採用. ●効率的な掃除を実現するために,三角形の長辺部でゴミを取るよう吸入部をレイアウトした. ●製品の高さを抑え,外周部をさらに落とし込むことで,家具下などへ入り込みやすくした. ●センサー技術を活用し,汚れの多いところでは首振り・往復動作で徹底的にゴミを取るよう制御にもこだわった. ●汚れの多い場所をメモリーさせ,掃除させたい場所から集中的に掃除をスタートさせる機能を搭載.掃除機を使いたい場所と置いておきたい場所に対するニーズにも応える仕様とした. ●運転時の排気で床のホコリを舞い上げないよう,排気口を本体の上面にレイアウトした。 ●ロボット掃除機に対する安心感,信頼感を感じるよう運転開始時,終了時の音にもこだわった. ●メンテナンス性を高めるため、ダストボックスを上方から取り外せるようにした.

仕様

幅330×奥行325×高さ92

どこで購入できるか、
どこで見られるか

http://panasonic.jp/soji/rulo/

審査委員の評価

市場性が広がっているロボット掃除機の領域で、三角形を土台にしたデザインで、隅々まで入り込める優位性を打ち出した点を高く評価したい。日本ならではのきめ細かさを追求した成果と言えるし、利用者にとっての納得性も高い。すっきりした白にアクセントとしての黒いラインのバランスもいい。

担当審査委員| 鈴木 元   川島 蓉子   倉本 仁   佐藤 弘喜   Ulrich Schraudolph  

ページトップへ