GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2015

GOOD DESIGN|グッドデザイン・ものづくりデザイン賞

受賞対象名
登山用バーナー [ヤエンストーブ レギ]
事業主体名
株式会社スノーピーク
分類
スポーツ・アウトドア/レジャー・ホビー・園芸用品
受賞企業
株式会社スノーピーク (新潟県)
受賞番号
15G010113
受賞概要
2015年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

不整地で卓越した安定性を発揮する登山用ガスコンロ。岩稜や、石が転がっている地面で設置する事を想定している。脚の一つをガスカートリッジとする3脚構造で、軽量化と広い設置面積による安定性を実現。更にねじれ方向に回転軸を追加する事により、通常では設置できないような3次元的な凹凸でも抜群の安定性を発揮する。ゴトクは鍋を安定させる為に有効な4枚刃とし、大型の鍋にも対応。収納時は中央部分から分割でき、シリーズの浅型鍋「ヤエンクッカー」にガスカートリッジ2個とともに収納できるよう、システムデザインが施されている。

プロデューサー

株式会社スノーピーク 代表取締役社長 山井太

ディレクター

株式会社スノーピーク 取締役 執行役員 企画本部長 小杉 敬

デザイナー

株式会社スノーピーク 企画本部 アウトドア事業部 開発課タスクリーダー 長妻正人

株式会社スノーピーク 開発課タスクリーダー 長妻正人

詳細情報

https://store.snowpeak.co.jp/page/278#ec_detail_box

発売
2015年3月
価格

8,980円

販売地域

国内・海外共通仕様

仕様

●セット内容:本体、イグナイタ、収納ケース ●本体サイズ(250缶使用時):190×310×147(h)mm ゴトク径Φ180mm ●収納サイズ:バーナーユニット/70×126×59(h)mm、器具栓ユニット/21×136×25(h)mm ●重量:220g ●出力:2900kcal/h

受賞対象の詳細

背景

登山用ガスコンロはガスカートリッジの上ガスコンロ本体がある直結型か、バーナー部分とガスカートリッジをホースで繋いだ分離型に分けられる。直結型は重心が高く、調理時の安定性が得られなかった。また、分離型は重心が低く、安定はするのだが、ホースによる干渉と、バーナー部分とガスカートリッジの2つを設置しなければいけない煩わしさがあった。それらの問題を高次元で解決するバーナーの必要性を感じ、開発に着手した。

デザインコンセプト

「直結型」の取り回しの良さと「分離型」の低重心を兼ね備えた安定性抜群の登山用ガスコンロ。

企画・開発の意義

数人分の調理を賄う事を前提にしたガスコンロだが、軽量化に於いても妥協はせず、ストイックな山行でも携行できる重量に抑えてある。岩稜帯の尾根や、沢登り等…クライミング要素のある山行の共同装備として使うのがベストだ。クライミング要素のあるシーンでは、仲間との協力が不可欠。仲間と協力して登攀し、調理器具をシェアして食事をする…といった、一連の協力の中で絆を深める為のツールとして役に立てれば幸いである。

創意工夫

ガスカートリッジを脚の一つとする事で、広い設置面積を有する3脚構造とした。ゴトクの高さは所謂、直結型(ガスカートリッジの真上にコンロ本体があるタイプ)と変わらないが、設置面積を広く確保する事によって、低重心を実現している。また、本来必要であった脚を一つ省略することにより、軽量化にも貢献している。さらに、ねじれ方向に回転軸を追加する事で、凹凸に合わせてガスカートリッジの底面が追従し、通常では設置不可能だった3次元的な地面でも、安定した設置が可能になった。この構造により、ガスカートリッジがホースで繋がれた分離型コンロの低重心と、直結型コンロのような一体型の構造による取り回しの良さを、高次元で両立している。また、回転軸部分から2つに分割が可能で、コンパクトな収納形態も実現した。

デザイナーの想い

登山用ガスコンロは、燃焼効率の向上と軽量・コンパクト化を目指した商品が多く、技術的な進歩もその2点に集中している。「直結型」か「分離型」のどちらでもなく、技術進歩の対象も燃焼効率や軽量化ではない「安定性」に注力したレギは、既に成熟しマンネリ化してきた登山用ガスコンロの市場に一石を投じたと自負している。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

スノーピーク ヘッドクオーターズ ナチュラルライフスタイルストア
スノーピーク オンラインストア

審査委員の評価

登山用シングルバーナーは、バーナーとガスカートリッジを直接つなぐ直結式は重心が高く安定感に欠け、水平配置する分離式は低重心ではあるものの、ガスカートリッジとバーナーがホースによって引き合ってしまい、結果的に不安定となるジレンマがあった。本製品は、ガスカートリッジをバーナーの脚のひとつにするという単純かつ斬新な発想によって、一体感と安定感を両立した革新的なデザインだ。アルミとステンレスによる細部の作り込みも隙がなく、所有する喜びを感じることができる仕上がりとなっている。登山用バーナーという成熟した道具のデザインにおいて、エポックメイキングな商品を生み出した開発者の情熱に拍手を送りたい。

担当審査委員| 重野 貴   遠山 正道  

ページトップへ