GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2014

GOOD DESIGN|ロングライフデザイン賞

受賞対象名
安全靴 [ゴム底安全靴VPセーフシリーズ(VP)、ウレタン2層底安全靴ハイ・ベルデ コンフォートシリーズ(CF)、ゴム2層底安全靴ラバーテックシリーズ(RT)]
事業主体名
ミドリ安全株式会社
分類
生活用の装身具、スポーツ用品
受賞企業
ミドリ安全株式会社 (東京都)
受賞番号
14L001289
受賞概要
2014年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

革製安全靴は職場環境に合わせバリエーションがあり長年ご愛顧頂いているラインナップは現在3シリーズ。●VPセーフシリーズ:VP製法(直接加硫圧着式)の機械化を日本で初めて導入し生産された黎明期のゴム底安全靴。日本で使われる安全靴の原型といえる安全靴です。●ハイ・ベルデ コンフォートシリーズ(以下CF):業界初のワイドタイプのつま先を保護する樹脂先芯(さきしん)を搭載した発泡ポリウレタン底軽量安全靴です。●ラバーテックシリーズ(以下RT):国内初の合成ゴム2層底の革製安全靴。従来のゴム底安全靴の重さや硬さ等を改善、ハードな職場で働く人の足元を優しく守るをコンセプトに開発されました安全靴です。

プロデューサー

ミドリ安全株式会社 フットウエア統括部 生産部 研究開発グループ 町田秀実

デザイナー

ミドリ安全株式会社 フットウエア統括部 営業部 商品企画グループ 田崎智也

詳細情報

http://www.midori-fw.jp/

発売
1961年1月1日
価格

7,800 ~ 16,600円 (税別)

販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

CFとRTは軽量で履きやすく、つま先の当りを解消。VPセーフは当時最新の技術、機械化VP製法を採用。

背景

1990年代は安全靴の性能やデザインが劇的に変化した時期で「ハイ・ベルデ コンフォート」と「ラバーテック」はその集大成として、働く人の安全と健康を守り、快適に作業していただける安全靴を目指して開発をスタートしました。また「VPセーフ」は安全靴が海外の靴を参考にグッドイヤーウエルト製法等で製造されていた時期から熱職場等にも耐えられるVP製法へ移り変わる歴史的な時期に開発されました。

デザイナーの想い

CFとRTについて、当時は安全靴のつま先形状を細く見せることで外観を一般の革靴やスニーカーに近づけようとする流れでした。我々は、安全靴に求められることは安全で快適であることを信念に当時の時流とは異なる幅広なコンフォート設計を採用しました。そして現在、革製安全靴の主流はワイド先芯になっており、当時の我々の思いは市場に浸透し本流を築き上げたと思います。

企画・開発の意義

安全靴は、足元の危険から着用者を守ることを第一の目的とした安全保護具ですが、仕事で着用しているため一般的な靴よりも着用時間が長く、使用環境もハードです。だからこそ、履きやすく、作業性が良く、疲れにくい設計を導入し、労働災害防止や着用者の健康を守れる安全靴を提供する事が今後の安全靴の価値と考えます。

創意工夫

CF、RT共に、業界初のワイドタイプの樹脂先芯を採用。つま先形状をラウンド型にすることで安全靴の恒久的な問題点であったつま先部分の足当りを解消。靴底サイドの意匠をシンプルなラインで多層化することでつま先がワイドになる事による見た目の重量感を軽減しています。

仕様

W220×H250×D290(1足、長編上靴、サイズ26.0cmの時)

どこで購入できるか、
どこで見られるか

ミドリ安全ドットコム、ミドリ安全販売拠点、ホームセンターなど
ミドリ安全ドットコム
ミドリ安全販売拠点

ページトップへ