GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2014

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
復興に向け子どもたちが実現した児童館 [石巻市子どもセンター]
事業主体名
石巻市子どもまちづくりクラブ、公益社団法人セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン(SCJ)
分類
公共向けの活動・取り組み、社会貢献活動
受賞企業
公益社団法人セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン (東京都)
石巻市 (宮城県)
受賞番号
14G141150
受賞概要
2014年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

地域の復興に向け活動する石巻市子どもまちづくりクラブの小中高校生が、2011年夏に描いた“夢のまちプラン”を約2年半かけて石巻市子どもセンター(児童館)として実現する取り組み。2011年11月にアイデアをまとめた模型を作成。翌年ゾーニング・内外装・コンセプトの検討、決定を地域の子どもや大人、行政との意見交換会等を通じて行い、2013年3月に基本構想案最終化。運営を見据え、石巻市子どもセンター条例前文を作成し採用された。建築アドヴァイザーのサポートを受けながら約35回にのぼり活動。本施設は2013年12月に完成し、SCJから石巻市へ寄贈。2014年1月の開所後行政が子どもたちと共に運営している。

プロデューサー

公益社団法人セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン(SCJ)

デザイナー

石巻市子どもまちづくりクラブ

詳細情報

http://youtu.be/2LBvJ3usCkE

利用開始
2014年1月6日
設置場所

〒986-0824 宮城県石巻市立町1丁目6番1号

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

石巻の活性化のため中高生中心につくり運営する施設。皆が過ごしやすく子どもの想いを世間に伝えられる場所

背景

子ども参加によるまちづくり事業“Speaking Out From Tohoku〜子どもの参加でより良いまちに!〜”の一環。SCJが11年5月〜6月に岩手・宮城の小4〜高校生に行った調査で、約1万人の子どもが「まちのために何かしたい」と回答。 同7月に子どもたちと共に石巻市子どもまちづくりクラブを開始。“大人も子どもも過ごしやすい、古いものも新しいものも一緒にロックンロールのまち”を目指し活動中。

デザイナーの想い

運営を見据え、本施設を企画・デザインした石巻市子どもまちづくりクラブ。子どもたちは「子どもセンターを通し、子どもが様々な人と繋がることにより、子どもの意見を社会へ発信していきたい」「子どもセンターはこれからも子どもたちの意見を取り入れて、絶えず進化していく」「子どもセンターの利用により、少しでも地域経済が潤い石巻の復興に貢献したい」と語り、復興に向け子どもの社会参加の拠点となることを願っている。

企画・開発の意義

子どもは支援を待つ客体ではなく、地域の一員であり復興の主体である。子どもたちは地域の復興に向けたまちづくりに声を上げ、参加し、自らのアイデアを実現することで、被災という現実を乗り越え、エンパワメントされた。同時に、大人が子どもの社会参加に理解を深め、復興に向け子どもの声が反映されたまちづくりの推進となった。開館後、子どもたちが運営へ参加することも見据え、子どもの社会参加の拠点づくりを目指した。

創意工夫

地域の一員でありながらも、復興に向けたまちづくりに参加する機会が保障されていない子どもたち自身が、子どもの意見や思いを「石巻市子どもセンター」として起案。聞き取りや意見交換を通じて地域と連携し、実現させた取り組み。完成した施設は、前庭の軒下空間がまちの人々を迎え、ゆったりとした空間に大勢が集い、吹抜けを介して上下階のコミュニケーションがとれ、各部屋は“分かれているけどつながっている”ように配置された多くのすき間と居場所を内包する“交流”と“居場所”の性格を合わせ持ったユニークなデザイン。また子どもたちは施設建設をゴールとせず、運営を見据えて、施設が子どもの社会参加の拠点となるよう、条例前文策定にも取り組んだ。現在も、石巻市子どもまちづくりクラブは本施設を拠点に、復興に向けて活動を継続。同時に、本施設では子どもたち自身による施設利用方法の検討や子どもたちによる事業企画の提案等がなされている。

仕様

子ども達が企画・デザインした児童館。敷地547.09㎡、建築面積305.68㎡、延床面積496.63㎡の2階建木造建築物。1階にギャラリー、ゆったり広場、図書コーナー、キッズコーナー、スポーツ室。ゆったり広場を中心に吹抜け、2階にはROOM1~4の浮かんだ部屋。上下階のコミュニケーションがとれ、各部屋は“分かれているけどつながっている”。“交流”と“居場所”の性格を合わせ持つユニークなデザイン。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

〒986-0824 宮城県石巻市立町1-6-1 石巻市子どもセンター
石巻市子どもセンタービデオメッセージ
石巻市子どもセンターFacebookページ

審査委員の評価

宮城県石巻市の子どもたちが主体的に企画し、デザインした児童館。子ども参加によるまちづくり事業の一環としての具体的な活動。地域の一員として復興を担う子どもたちの意見を尊重し、反映する場づくりがされている。寄贈され開所されたあとも子どもたちと共に運営がされているところも興味深い。子どもたちの未来の活躍に期待したい。

担当審査委員| 南雲 勝志   石川 初   林 千晶   横川 正紀  

ページトップへ