GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2014

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
印刷ショップ [HappyPrinters HARAJUKU]
事業主体名
株式会社OpenFactory
分類
産業用のサービス・システム
受賞企業
株式会社OpenFactory (東京都)
受賞番号
14G131115
受賞概要
2014年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

「世界一ワクワクする印刷工場」をコンセプトに、業務用のインクジェットプリンターを使ってさまざまな印刷物を制作できるクリエイティブスペース。最大の特徴は「つくることに参加する」印刷ショップであること。開放的に置かれた業務用プリンターの周りを利用者が取り囲み、お互いの作品を見せ合い、そこから会話が弾む、従来にはない印刷ショップスタイルとした。ショップという形式をとることで敷居を低くし、パソコンを使わない人や子供も本格的な印刷体験が可能な一方で、デザイナーやクリエイターといったものづくりのプロに対しても直接話し合いながら目の前で印刷をすることで、実験的で挑戦的なものづくりを可能とした。

プロデューサー

株式会社OpenFactory CEO 堀江賢司

ディレクター

株式会社OpenFactory CCO 杉原彩子

デザイナー

株式会社OpenFactory CCO 杉原彩子

詳細情報

http://happyprinters.jp

利用開始
2013年7月20日
設置場所

東京都渋谷区神宮前3-27-15

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

商品やサービスではなく「体験」を提供する「世界一ワクワクする印刷工場」

背景

印刷業界は近年競争激化による価格下落が顕著となっている。その一方で、メイカーズムーブメントの台頭により個人がデジタル機器を使いものづくりを行うスペースが注目されている。今後益々拡大するであろう個人のものづくりを見据え、印刷業を営む「工場サイド」の技術や経験と、デザイナーやクリエイターといった「クリエイティブサイド」の理想、その両方の視点から現在の印刷業を見つめ直し、店舗型の印刷工場を開設した。

デザイナーの想い

小規模で製品を作ろうとしたとき、日本の製造業にはまだまだ取引条件やロットの壁が立ちはだかる。個人の「作りたい」という想いに本気で応える場がテーマだった。さらに利用者は実際にものづくりを体験することで、思い通りに仕上がらないことも経験する。そこで初めて工場や職人の見えない努力や技術力を知ることができる。「個」の想いを叶えることで日本のものづくりへ視線を向けるきっかけとなる店舗を体現したいと思う。

企画・開発の意義

ネットを中心に「顔の見えない」製造サービスは数多くある。受注した工場は価格や納期を競い、消費者は製造現場を知らずに製品を手にする。そこにものが生まれる瞬間の感動は存在しない。ここでは利用者の制作力を問わず対面でサポートし印刷へと導く。プロデザイナーも細かい印刷設定や素材の相性を目で見て即座に判断できる。そして誰もが自分の作品が生まれる瞬間に立会い「ワクワクする」という純粋で単純な喜びを感じる。

創意工夫

従来にない新しいスタイルの店舗型印刷ショップとしての最大の特徴は、店内の中心に2台の業務用プリンターを配していること。通常は「見栄えが悪い」「危ない」「売り場が狭くなる」などの理由からバックヤードに納められるプリンターをあえてオープンにした設計となっている。さらに利用者は印刷したい素材とデータを持ち込み、下準備やプリンターへの素材設置に参加する。これにより大人はもちろん、小さな子供たちまでもがプリンターを覗き込み、ヘッドの動きに目を見張り、インクの匂いを感じながら自分の作品(印刷物)が完成する瞬間に立ち会うことができるスペースとなった。さらに店内の作業台は2m×2mのサイズが1つのみ。店内の利用者同士がお互いの作品を目にでき、自然にものづくり談話が始まる。「印刷」を通してコミュニケーションが広がる「世界一小さくてワクワクする印刷工場」をデザインした。

仕様

商業施設内1階、SRC造、39.75㎡

どこで購入できるか、
どこで見られるか

HappyPrinters HARAJUKU
HappyPrinters HARAJUKU
HappyPrinters HARAJUKU Facebook

審査委員の評価

昨今3Dプリンターやレーザカッターなど、オープン・ラボが散見される中で印刷に特化した本対象は、プロ・アマチュアを問わず本格的な印刷技術を公開、共有し、そこから派生するコミュニケーションやネットワークも視野に入れ展開している点が高く評価できる。

担当審査委員| 暦本 純一   江渡 浩一郎   中川 淳   日高 一樹   松下 計  

ページトップへ