GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2014

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
不動産売買瑕疵保証制度 [リバブルあんしん仲介保証]
事業主体名
東急リバブル株式会社
分類
住居に関するサービス・システム
受賞企業
東急リバブル株式会社 (東京都)
受賞番号
14G131082
受賞概要
2014年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

東急リバブルが仲介する不動産を無料で検査(調査)・保証。売主様・買主様があんしんしてお取引いただくためのサービスです。中古マンション・一戸建は、引渡し前に無料で検査。引渡後、建物に不具合が起きても最長1年間、最大250万円を保証。住宅設備が故障しても、最長1年間、最大10万円、修理・交換費用を保証。土地は、引渡し前に地盤を調査。引渡後、地中埋設物が発見された場合は最長6ケ月間、撤去費用200万円までを保証。また、引渡後の土地に建物を建築する際、地耐力や地盤改良の必要性の有無、工法・費用の目安等を調査報告書で事前にお知らせ。その報告書の記載費用内での地盤改良工事を保証します。

プロデューサー

東急リバブル株式会社 流通事業本部 戦略推進部 部長 森憲一

ディレクター

東急リバブル株式会社 流通事業本部 戦略企画課 課長 小林浩

デザイナー

東急リバブル株式会社 流通事業本部 戦略推進課 係長 小林英雅

詳細情報

http://www.livable.co.jp/baikyaku/anshin/

利用開始
2012年10月1日
販売地域

日本国内向け

設置場所

東急リバブル売買仲介(リテール)店舗

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

「保証力」こそ、パートナー選びの新基準。

背景

数多くの中古住宅や土地が売買される中、瑕疵(雨漏り、シロアリの害、地中埋設物の残存など)が発生すると、ほとんどの場合、売主様もしくは買主様が、思いもよらない費用を負担することになり、個人にとっては計り知れない心理的・経済的ダメージとなっていました。そうした中古住宅流通及び土地流通市場における、あんしんの空白地帯を埋めるべく、本サービスが誕生しました。

デザイナーの想い

自宅や土地の売買は、売主様・買主様にとって、人生に一度あるかないかの大切なイベントです。それを、想定外の不具合で台無しにされるのは、お互いにとって不幸な話です。多くの売主様・買主様が、大切な自宅や土地を、あんしんして売買でき、満足していただくためにも、本サービスを始めました。

企画・開発の意義

本サービスでは、売主様・買主様どちらにも、ダブルのあんしんを提供します。売主様は、ご自宅や土地を「あんしん」という付加価値とともに売却でき、万一不具合を発見しても、事前に買主様へお伝えできるため、売却後のトラブルを回避できます。買主様は、検査済みの建物または調査済みの土地を購入できます。万一の場合もリバブルが保証するのであんしんです。

創意工夫

引渡後、一定期間に発見された瑕疵の補修義務は売主様が負い、その期間経過後は買主様が負担するべきものであり、その責任は不動産仲介会社が負うべきものではありませんでした。しかし、売主様・買主様にとっての高い必要性を一番に考え、売買したら終わりではない、仲介会社としての責任を全うするべく本サービスの実現にいたりました。サービスの工夫としては、中古住宅の場合は、一級・二級建築士による建物検査や全32種類もの住宅設備検査を実施、土地の場合もプロによる地盤調査を実施し、検査・調査の精度向上を図りました。そのためにも、豊富なノウハウと実績を持つプロの検査会社及び調査会社を厳選し、提携しました。また、一戸建は、公的制度である既存住宅売買瑕疵保険の検査と併用可能とすることで、お客様のあんしん向上を図れる仕組みとしました。

仕様

一戸建・マンション向けの「建物保証」は最長1年間、最大250万円。「住宅設備保証」は対象全32種類、修理交換は最長1年間、最大10万円。土地(更地向け)の「埋設物撤去保証」は最長6ヶ月間、最大200万円。「地盤調査保証」は地盤改良工事費用をあらかじめ開示し、その費用内での工事を保証。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

東急リバブル売買仲介(リテール)店舗
東急リバブルホームページ

審査委員の評価

不動産売買という一般の人には非日常で慣れない、かつ大きな金額が動くため心理的に不安になりがちなシーンにおいて大手不動産会社が最長1年間の瑕疵保証をする意味合いは大きい。実際にサービス開始から1年と少しで1万件近くの利用があることからもこの保証がユーザーに安心感を与えていることは明白であり、高く評価した。

担当審査委員| 暦本 純一   江渡 浩一郎   中川 淳   日高 一樹   松下 計  

ページトップへ