GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2014

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
サービス [「住みながら」買取りサービス]
事業主体名
株式会社コスモスイニシア
分類
住居に関するサービス・システム
受賞企業
株式会社コスモスイニシア (東京都)
受賞番号
14G131081
受賞概要
2014年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

中古住宅流通市場において、「スムーズな住み替え」を促進するための新しい住み替え支援サービスです。ユーザー居住中の所有住宅を当社にて買取り、ユーザーは売却後も当社と賃貸借契約を締結・毎月の賃料を支払うことで「そのまま住みつづけながら」新しい住まい探しが可能となるサービスです。売却後、最長2年間住みつづけることができるため、住み替えに伴う煩雑な手間を解消できます。つまり、住み替えユーザーの「住み替えのタイミング・手続きに起因する労力」を軽減できることが最大の利点です。また、このサービスの利用によりゆとりある新居探しが可能になり、「理想の住み替え」を叶えることができると考えます。

プロデューサー

株式会社コスモスイニシア

ディレクター

株式会社コスモスイニシア ソリューション事業部 投資不動産企画開発部 リニューアルマンション事業課

デザイナー

株式会社コスモスイニシア 市場・事業戦略部 新規事業企画課

詳細情報

http://sumikae.cosmos-direct.jp/contents/code/living_purchase

利用開始
2013年6月
販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

中古住宅流通市場における「理想の住み替え」と「スムーズな住み替え」を実現できるサービスを創りだすこと

背景

新築の住宅供給量に対して首都圏の中古マンションの流通量は約6割程度。累積の物量に対してこの数字は何らかの障害があると推測しました。理想的な住み替えについての市場調査を実施し、潜在的課題を認識しました。「住み替えはしたくとも売却と購入を同時に実行すると思うだけで気が重い」「売れるタイミングによって購入する家が変わってしまい理想的な住まいが探せなくなってしまった」等の声を聴いたことが開発の発端です。

デザイナーの想い

ユーザー調査により中古住宅の住み替えが拡張しない潜在的な原因を知りました。特にご高齢の方は、住み替えたくても住み替えることをあきらめてしまっている人が大変多い現実がありました。年齢を重ねれば重ねるほど築年数の増加に伴い難易度は向上します。今住み替えようと考えた人が、少しでもスムーズに住み替えられる世の中にしたいと考えています。社会ストックとしての住宅の利用が促進されていくことを期待します。

企画・開発の意義

社会的には中古住宅流通の為に様々な政策が施行・検討されています。一方当社実施のユーザー調査から認識した潜在的課題より「住み替えの労力」を払拭するようなサービスが世の中に必要であると考えました。このサービスにより課題を抱えるユーザーの住み替えの労力を減らし、ユーザーにとって焦らず急がず無用の妥協をせず「理想の住み替え」「スムーズな住み替え」を実現することで社会資本の有益化が図られることを期待します。

創意工夫

売却の際に複数のオプションを提示したうえで買取り、その後の賃料の弾力的な対応から住み替えの斡旋までの、総合的なサービスを提供することで、「理想の住み替え」・「スムーズな住み替え」を実現します。 【住み替えの個別コンサルティングシステム】ユーザー毎に住み替えの要望が異なります。ユーザー毎の住み替えの要望を丁寧に汲み取り、ユーザーの期待するタイミングでの買取りやその後の賃貸借契約に至るまでの内容を個別にコンサルティングします。 【迅速で負担の少ない買取査定価格提示】査定や契約のユーザー宅への訪問回数を減らすための独自の査定システムの構築・契約手続きの効率化を図りました。 【売却後の新居探しのフォローサービス】ユーザー毎の住み替えのタイミングとご希望の新居探しをフォローする仕組みを構築しています。

仕様

中古住宅流通市場における「理想の住み替え」と「スムーズな住み替え」の実現をサポートするしくみ

どこで購入できるか、
どこで見られるか

「住みながら」買取サービスについて

審査委員の評価

空き家率が過去最高の13.5%となり大きな社会問題となっている。中古住宅の有効活用を促すためにも流動性を高めるサービスが求められている。その中で「住みながら買取サービス」はユーザーニーズに細やかに対応している点が評価できる。また2年間という期間が心理的安心感を生み出し、ユーザーの決断を後押ししている点もすばらしい。

担当審査委員| 暦本 純一   江渡 浩一郎   中川 淳   日高 一樹   松下 計  

ページトップへ