GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2014

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
ウルトラワイドカメラ [ウルトラワイドアングルカメラ]
事業主体名
パナソニック株式会社
分類
産業用機器のインターフェイス、インタラクション
受賞企業
パナソニック株式会社 (大阪府)
受賞番号
14G131071
受賞概要
2014年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

4台のHDカメラによる64:9 画角のパノラマ映像を生成。4倍ワイドの高解像度で監視、スポーツ解析に好適。フィールド全体を一望できる映像により、全ての選手の動きやフォーメーションを確認することが可能。PTZ(パン・チルト・ズーム)自動調整機能を備えているためカメラ間の画角合わせは不要の為、購入後即使用可能。

プロデューサー

パナソニック株式会社 AVCネットワークス社 イメージングネットワーク事業部 プロフェッショナルビジネスユニット ユニット長 宮城 邦彦

ディレクター

パナソニック株式会社 デザインカンパニー 浅井 良彦

デザイナー

パナソニック株式会社 デザインカンパニー 酒井 将史

詳細情報

http://panasonic.biz/sav/camera/uwac/

発売
2014年3月
価格

7,000,000円 (システム構成により価格は変動)

販売地域

国内・海外共通仕様

仕様

動作環境 Windows7 64bit Xeon E51680V2

受賞対象の詳細

背景

HDインテグレートカメラを4台使用し、撮影された映像を合成するソフト技術と組み合わせることで、64:9画角のパノラマ映像を生成。スポーツ市場の非放送系事業を拡大し、現場の潜在ニーズに応える。高画質で競技場全体を撮影可能とすることで、スタジアム系スポーツの試合の解析、レフリー教育などを支援する。

デザインコンセプト

映像の見易さと、情報機器操作に不慣れなユーザでもわかり易い操作性を両立したGUI。

企画・開発の意義

撮影→編集→再生の作業を、以前は専門の知識/スキルを有するカメラマン、編集者、映像オペレータなど多くの人材、機材で実現していた。本システムを導入することで、特別な見識を必要とせず、1人で上記のワークフローを実現することが可能となる。導入におけるハードルを下げ、結果、多くの人へのサービス提供が可能となる。

創意工夫

【操作時のみ表示される操作メニュー】映像を見やすくするため、操作系は必要なときのみ表示される。使用頻度の高いものは画面下部に、そうでないものは画面左のメニュー画面より操作。また、マウス操作/タッチパネル操作双方を考慮したスイッチサイズとクリアランスを確保。表示物を画面の上下にレイアウトすることで、出力モニタ数にも柔軟に対応可能な画面設計とした。

デザイナーの想い

本システムはスポーツ市場での活用をメインに開発されたものであるが、新ジャンル商品の為、、他の使用シーンにおいてもその可能性は無限であると感じる。機器とユーザのインターフェースを可能な限り円滑にすることで、その可能性を広げ、1つでも多くの社会課題を解決できることを願う。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

パナソニックシステムお客様ご相談センター(0120-878-410)
ウルトラワイドアングルカメラ公式HP

審査委員の評価

技術的な専門知識がなくても高度技術を簡単に用いてスポーツの試合を解析できる点が評価できる。現段階ではプロのユーザー向けのシステムになっているが、今後は、より深くスポーツ観戦をしたいユーザーを対象とした放送への展開や、インターネットを使った解析など、大きな可能性を感じる。

担当審査委員| 暦本 純一   江渡 浩一郎   中川 淳   日高 一樹   松下 計  

ページトップへ