GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2014

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
店舗設計, 総合アートプロデューサー [フリービット・モバイル、アトリエ・フリービット、スタンド・フリービット]
事業主体名
フリービット株式会社
分類
産業向けの広告、宣伝
受賞企業
株式会社SAKO建築設計工社 (東京都)
受賞番号
14G121039
受賞概要
2014年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

MVNO回線から端末開発、アプリまで全てを垂直統合し、シンプルなスマホ体験と、端末代込で月額2000円という価格を実現した新スマートフォンキャリアーfreebit mobileのブランディングとトータルデザインプロデュース。店舗設計、ワゴン式店舗での商業展開など、端末、制服、CM、ロゴに至る全てのデザインを総合的にプロデュースしている。コンセプトの一つの「七色の虹」のライングラフィックは店舗から端末のインターフェイスまで様々な場所に起用されており、その統一されたデザインコンセプトで 新しい携帯電話キャリアーのブランドイメージを定着させ、企業コンセプトでもある「切れ目のない」ユーザー体験を提供。

プロデューサー

フリービット株式会社/代表取締役:石田宏樹

ディレクター

SAKO建築設計工社/代表:迫慶一郎

デザイナー

SAKO建築設計工社/代表:迫慶一郎 設計担当:角倉弘明

詳細情報

http://freebit.jp/

利用開始
2013年12月
販売地域

日本国内向け

設置場所

中央区天神2-14-2福岡証券ビル1F / 福岡・名古屋

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

「白いキャンパス」に「七色の虹」が平面的、立体的に駆け巡り 切れ目の無いサービスを表現している。

背景

大手3社独占状態によりスマートフォン利用価格が高止まりし、ユーザーの6割が価格に不満を覚えているモバイル市場。それらを打破するために、 freebit mobile プロジェクトがスタートした。新スマートフォンキャリアの立ち上げに伴い店舗設計として関わり、次第にブランド全体のトータルプロデューサとして空間から端末まで、多岐にわたるデザインディレクションを「まったく新しい」を基本に手掛ける様になる。

デザイナーの想い

トータルプロデュースにより作り上げられるブランドイメージにはブランドとしての強さがある。またそれは企業の想いを可視化させる事により提供するサービスへの相乗効果にも繋がる事になる。どんな事にも積極的にアイデアを出し続ける事により、店舗設計から、グラフィック、端末、さらには商業的展開までデザインディレクションする事が出来、デザインの幅は広がる一方である。

企画・開発の意義

個性を意味する「七色の虹」のライングラフィックを用いる事によりfreebit mobileのコンセプトである「切れ目のないユーザー体験」を視覚的にも体験出来きる様一貫したブランドイメージを確立させた。また店舗名をATELIERと名付ける事により、数ある携帯電話から選ぶのではなく、自分だけのオリジナル携帯電話を作れるといった今までの携帯電話店舗にない概念を提示している。

創意工夫

新規キャリアとしてその他の大手キャリアといかに差別化出来るかを考え、より多くのターゲットを引きつけ社会に浸透させる様にインパクトだけではなく、誰もが受け入れやすいブランドイメージを作る事が必要であった。携帯電話のまったく新しい仕組みにより自由度の高いサービスを提供するfreebit mobileに相応しい画期的で挑戦的なアイデアにより、店舗設計だけでなく 視覚的に触れる細部にまでこだわる徹底した一貫性のあるデザインディレクションをした。また 他のキャリアにはないSTAND freebitというワゴン式店舗として新しい商業的展開にも積極的にアプローチしfreebit mobileの個性を確立させている。

仕様

路面店舗:53.6平米7グラフィックアートによる内装、木造式ワゴン式店舗:D2.4mxW1.3mxH2.1m、ユニフォーム:オーバーオールにペイントなど

どこで購入できるか、
どこで見られるか

ATELIER freebit福岡天神,名古屋大須, ATELIER' freebit小倉など
freebit

審査委員の評価

端末やアプリから店舗までを統合することによって低価格を実現した新しいサービスであるが、コストをかけずにミニマルな要素で空間を含めたキャリアの顔を作っているところに現代性を感じる。また一人のトータルプロデューザーが全てを手がけることで、統一性のあるトーンマナーが実現されている。

担当審査委員| 永井 一史   鹿野 護   久保田 晃弘   遠山 正道   中谷 日出  

ページトップへ