GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2014

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
日新木造倉庫 [オメガウッド]
事業主体名
株式会社大林組
分類
産業用の空間・建築・施設
受賞企業
株式会社大林組 (東京都)
株式会社日新 (鳥取県)
受賞番号
14G110922
受賞概要
2014年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

合板工場の敷地内にある木造倉庫である。工場内で製作した合板をフォークリフトで運び込んでストックし、注文に応じて20トントラックで各地に搬送する。フォークリフトが室内を走り回る為、31m×42mの無柱空間を必要とした。実現にあたって汎用性のあるエンジニアードウッド、LVL(単板積層材)を使った新たな技術「オメガウッド」を開発し、シンプルでダイナミックな空間を木構造で実現した。この技術はLVLのリユースが容易で、しかも従来よりローコストで木造大規模建築の実現が可能である。

プロデューサー

株式会社日新 常務取締役 黄箭波

ディレクター

株式会社大林組 設計本部 部長 猪飼富雄、課長 坂田尚子

デザイナー

株式会社大林組 設計本部 部長 猪飼富雄、課長 榎本浩之、担当課長 本間章夫

利用開始
2013年4月15日
販売地域

国内・海外共通仕様

設置場所

鳥取県境港市西工業団地100番

仕様

所在地:鳥取県境港市 延面積:1745㎡ 高さ:12.995m 構造:木造 スパン:31m,奥行42m

受賞対象の詳細

背景

木材の需要拡大は、林業の再生を通じた森林の適正な整備につながり、森林の持っているCO2吸収など多面的機能の持続的な発揮や、地域経済の活性化と雇用の創出につながる。しかしながら、大規模木造建築は特注の大断面木材を必要とし、鉄骨造等と比較して割高となる。準耐火構造で木肌を見せる為には燃えしろを見込んだ更なる大断面が必要であり、大規模木造建築の推進には大断面木材のコストダウンが必須であると考えた。

デザインコンセプト

大規模木造建築のコストダウンとデザイン・品質の両立

企画・開発の意義

LVL(単板積層材)を使って、大スパン31m準耐火構造の木造倉庫をローコストで実現した。木造大断面を作る為に新たな技術を開発し、材料単価の削減と材料納期の短縮が可能となった。また、仕口部分の加工も容易となり、高い精度が安価に確保できる。この技術により、工場、倉庫、スポーツ施設等、今までコスト的に木造化を断念していた用途の建物で木造化が促進し、木材の需要拡大に寄与する。

創意工夫

LVLは幅と長さ方向は大きな寸法で作れるが、厚さは品質上90mm程度が限界である。従って、ロングスパン架構のために必要な大断面の柱、梁は一次製品を更に二次接着して製作する。今回、一次製品を大断面に必要な枚数ボルトやビスでつづって、準耐火構造用の大断面木材を作る技術「オメガウッド」を開発した。二次接着製品は仕口の補強鋼板埋め込み用加工を小口から座彫りするが、この技術はつづる前に板の表面から加工でき、高い精度で加工できるのと同時に、補強金物を完全に隠ぺいできる。また、木造準耐火構造に必要な外壁と屋根の防火被覆材は、従来、室内側に被覆材兼用で天井を設け、壁も室内側から被覆材を取り付けられる為、大梁と柱の木肌の一部しか見えなくなる。今回は工場で耐震要素である構造用合板に被覆材を先付けして外部側から取り付けることで、目に見える木材の木肌を桁や母屋まで含めた最大限になるようにした。

デザイナーの想い

木造に耐火構造と準耐火構造があるが、耐火構造はコストがかかりすぎる。準耐火構造でも適用できる建築物の用途は十分広く、ローコストでできる準耐構造の技術を開発して木造建築を普及させたいと考えた。また、従来の木造準耐火構造では柱と大梁の一部の木肌しか見えない建築となっているが、小梁、間柱、更に桁や母屋を含めた木造の木肌を最大限見せることで、ダイナミックで木の質感を存分に感じられる建築としたかった。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

問合せ先:大林組 CSR室広報部広報第一課TEL 03-5769-1014
日新倉庫棟計画 - 平成24年度木造建築技術先導事業
日新木造倉庫 - 日本建設業連合会
ローコスト超ロングスパンを可能にする新たな木造建築技術を開発 - 大林組

審査委員の評価

大型木造建築の架構として真摯で斬新な提案。LVLを二次加工することで大断面木材の製作コストダウンや納期短縮を実現、ローコストでできる準耐火構造とし品質とデザインを両立していることが評価された。実用のみになりがちな倉庫を快適なワークプレイスとして捉え直した視点も注目される。

担当審査委員| 安田 幸一   高橋 晶子   廣村 正彰   山梨 知彦  

ページトップへ