GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2014

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
長屋 [inver-lith インバリス]
事業主体名
個人
分類
住宅・住空間
受賞企業
奥野公章建築設計室 (東京都)
株式会社ハウスネット (山梨県)
株式会社いえプロ (山梨県)
受賞番号
14G100884
受賞概要
2014年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

甲府盆地の気候と広い敷地を活かした、地方都市ならではの賃貸住宅の計画。全住戸屋根付き駐車場と中庭のあるプランを基本とした8軒長屋である。敷地の間口を最大限に利用し、全住戸2台分の駐車場を確保するため、左右反転プランの2戸を一組として上下反転させテトリスのように組み合わせ全体を構成している。全住戸とも「大きな中庭」と「ユーティリティー機能を持つ中庭」の2つ庭を設け、居室と庭を交互に配置することでプライバシーを確保しつつ通風や採光を確保し、盆地の気候を十分に利用できる空間としている。甲府盆地の山並みや周辺の街並に同調しながら、平面的に広がる庭付き一戸建てのような居住性を追求した低層共同住宅である。

プロデューサー

株式会社ハウス・ネット 三津橋智人、株式会社いえプロ 角田卓二

ディレクター

奥野公章建築設計室 奥野公章

デザイナー

奥野公章建築設計室 奥野公章、馬場伊都加

詳細情報

http://www.okuno-room.com/works/works_e_01.html

利用開始
2013年3月
販売地域

日本国内向け

設置場所

山梨県

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

反転配置により敷地間口を最大限に利用した、中庭のある8軒長屋

背景

地方都市である甲府ではアパートやマンションは供給過多となってはいるが、土地活用に賃貸住宅のニーズはある。これまでにない価値を見いだし、入居者を絶やさないデザインコンセプトを確立する事が必要であった。敷地は甲府盆地にある区画整理が進む開発地の一角である。都心からの転勤者や住宅取得前の家庭をターゲットとし、広い敷地を活かした地方都市ならではの賃貸住宅のあり方を模索した賃貸住宅のプロジェクトである。

デザイナーの想い

地方都市の賃貸住宅のあり方の提案ではあるが、シンプルな平面や天井高さのあるボリュームのあるスケルトンをつくる事で老人施設などへの変更を視野にいれ、将来的なプログラム変更や更新にも対応する可変性も備えた計画とした。また行政による農地の土地区画整理の動きにより宅地化され始めた地域であることから、このプロジェクトを契機に煩雑に開発されることなく周辺の街並が意識して創られていく事に繋がればと考えている。

企画・開発の意義

土地の豊富な地方都市ならではの共同住宅のあり方として、平面的に広がった空間を持つ「庭付一戸建て」のような居住性を追求した。安心して自然環境を取り込むための「二つの中庭」と「2台分の屋根付駐車場(車の保有率が高い地域のため) 」があるプランにて構成している。低層におさえる事で周辺の街並や山並の風景と同調させている。将来的なプログラムの変更や土地まで含めた分譲にも対応する可変性を兼ね備えた計画である。

創意工夫

敷地の間口を最大限に利用し、全住戸二台分の駐車場を確保するため左右反転プランの2戸一組として上下反転させテトリスのように組み合わせ全体を構成している。各住戸には「家の中心」となる大きな庭と、「ユーティリティーの機能を持つ庭」の2つの中庭を設けた。中庭は内→外が連続する奥行きある空間をつくるだけでなく、プライバシーを確保しつつ通風や採光を確保でき、日照率が高くまた朝夕が涼しい甲府盆地の気候を十分に利用できる空間となっている。断熱性能は省エネルギー法を満たす断熱等級4を確保し、内装は可能な限りコンクリート打ち放し面を増やし(仕上げ面を抑える)管理しやすくする事で、賃貸経営のランニングコストを抑えている。ローコストの工夫として、断熱が必要な外壁部を少なくするプランニングや、鉄筋量を押さえた壁式鉄筋コンクリートの採用など、プランニングからコンストラクションまで可能な限り効率を上げるよう取り組んだ。

仕様

甲府盆地の気候と、広い敷地を活かした地方都市ならではの賃貸住宅のあり方として、庭付き一戸建てのような居住性を追求した8軒長屋である。 RC造、地上2階建て、新築、長屋 敷地面積1638.72㎡、建築面積977.66㎡、延床面積1046.76㎡、建ぺい率59.65%、容積率51.10%

どこで購入できるか、
どこで見られるか

奥野公章建築設計室 インバリス(集合住宅)

ページトップへ