GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2014

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
集合住宅 [クレヴィア南砂]
事業主体名
伊藤忠都市開発株式会社
分類
住宅・住空間
受賞企業
伊藤忠都市開発株式会社 (東京都)
受賞番号
14G100861
受賞概要
2014年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

「水彩都市」江東区において伊藤忠都市開発株式会社が分譲する「クレヴィア南砂」は、『南面に江東区立仙台堀川公園、西面に江東区立金森公園に隣接』し、自然環境を享受できる立地。公園隣接である立地特性を生かし、マンション建設とあわせて地域貢献、都市緑化の推進及び新旧住民の交流・コミュニティ形成を目的に、「コミュニティガーデン活動」を推進。地元町会と近隣住民を招き、コミュニティガーデンづくりのワークショップを開催し、それに基づく公園改修工事計画立案及び改修工事を実施。2014年4月コミュニティガーデン活動団体として江東区より承認を得た、東京都第二号の官民協働によるコミュニティガーデンづくり。

プロデューサー

伊藤忠都市開発株式会社 都市住宅事業部 若林達夫、安江建吾、石澤義久、小山哲迪、建築技術グループ 木村直行

ディレクター

有限会社エヌアンドエスコミュニティアソシエイツ 鎌田菜穂子

デザイナー

NPO法人グリーンワークス 東方陽子

詳細情報

http://c-125.jp/index.html

利用開始
2014年11月20日
価格

30,493,820 ~ 66,691,900円

販売地域

日本国内向け

設置場所

東京都江東区南砂五丁目306番6(地番)

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

新旧住民のコミュニティ形成、公園整備による地域貢献、江東区「都市緑化推進」の3つを目的とした取組み

背景

2011年3月に発生した東北地方太平洋沖地震により「つながり」「地域コミュニティ」の大切さを社会全体が改めて実感した。一方、住宅開発においては入居者と従前からの地域住民との交流の希薄さが課題となっている。「クレヴィア南砂」では、地域貢献、江東区の都市緑化推進とともに、地域とのつながりの場、地域コミュニティの形成を目的とした「コミュニティガーデンづくり」を実施。

デザイナーの想い

住宅開発において、入居者の暮らしやすさを考えた設計をするだけでなく、地域貢献や、建てて終わりではない入居後の仕組みづくりをすることも住宅デベロッパーの使命であると考えた。「クレヴィア南砂」では入居者、地域住民の双方にとってプラスとなる「つながりの場」を提供したいと考え、江東区が推進する「コミュニティガーデンづくり」を通して地域貢献、入居者と地域住民が自然に溶け込め合える仕組みづくりを実施した。

企画・開発の意義

マンション開発において、入居者と従前の地域住民との交流は大きな課題であるが、「コミュニティガーデンづくり」のワークショップや花植えの活動を通して両者のコミュニティを形成することで、入居後の日常生活における安心感や災害時の共助に向けた地域の関係構築に寄与する。また、入居者と地元町会とのつながりは、入居者の町会行事参加の機会増加や町会組織の発展にもつながると考えた。

創意工夫

新旧住民のコミュニティ形成、公園整備による地域貢献、江東区「都市緑化推進」を目的とした取組みとして江東区が推進する「コミュニティガーデン活動」を実施。第一に地元町会及び近隣住民から理解を得ることが重要であるものと捉え、説明会やワークショップを開催し、「自ら作り上げていく」という当事者意識を形成した。また、地元町会が金森公園で実施するイベントにも参加することで町会や近隣住民にとっての金森公園の存在について理解を深めた。そして、ワークショップの結果やイベントにおける公園の使用方法をもとに公園改修計画案を立案し、改修工事を実施に至った。コミュニティガーデン活動の周知については、クレヴィア南砂マンションギャラリー内及び建設地仮囲いの掲示板、地元町会回覧板への添付、SNSの活用で開催日や活動内の告知を行うことで参加者の幅を広げている。

仕様

集合住宅/総戸数125戸/鉄筋コンクリート造・地上14階建/間取り2LDK〜4LDK/専有面積57.83㎡〜96.35㎡

審査委員の評価

敷地周囲の自然環境を生かした集合住宅のデザイン、住民活動の誘発を促す交流空間の工夫や、入居者と地域住民とのつながりを生むための運営面でのサポートにも注力している。

担当審査委員| 古谷 誠章   篠原 聡子   難波 和彦   日野 雅司   松村 秀一  

ページトップへ