GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2014

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
RC戸建分譲住宅 [Like]
事業主体名
株式会社RCハウジング
分類
住宅・住空間
受賞企業
株式会社デザインセンター (北海道)
受賞番号
14G100840
受賞概要
2014年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

RC造のコンパクト3階建て建売住宅。3LDK、4LDKと空間を区切り、それぞれに役割を与える今までの「あたりまえ」をやめて、ちょっと仕切りを省いたり、無駄を足してみたりすると、自分らしい住まいを楽しむ余白が生まれます。その余白に自分スタイルを持ち込んで、家まるごとで暮らしを楽んでほしい。そんな発想から生まれたコンセプト住宅です。都心部(地下鉄徒歩圏)の希少で高価な立地に、2LDKの家賃クラスで「らしさ」を満喫できます。今までは夢だった、20代からでも自邸を持つという所有欲を満たすことのできるコンクリートの小さな家です。

プロデューサー

株式会社デザインセンター 代表取締役 竹中志元

デザイナー

株式会社デザインセンター 意匠設計部 福田和宏/企画デザイン課 馬島慎二 /広告デザイン部 古田智紀

詳細情報

http://www.rc-style.jp/like/

発売
2014年6月
価格

23,800,000円

販売地域

日本国内向け

設置場所

札幌市白石区東札幌5条5丁目

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

小さく、楽しく、便利な、自分の感度を満足させるジャストサイズの家を、資産価値の高いRCで提供する。

背景

特に建売住宅においては、4LDK、3LDK などと空間を区切り、それぞれに役割を与えて住むことを当たり前と考えてきました。しかし、今、ありきたりな間取りではなく、もっと自由で自分たちらしい空間構成を求める若い世代が増えています。そこで、一旦従来の間取りの役割を見直して、空間をなくしたり兼用したりすることで、コンパクトでありながらも豊かな空間体験を得ることができる建売住宅を提案したいと考えました。

デザイナーの想い

RC建築は内も外も硬質でシャープな建築テイストになりがちですが、もっと「手触り感」のあるものにしたいと、内装のテイストに注力しました。そのうえで、住み手の好みや暮らし方に合わせた、自由で自分らしさを楽しむ余白を残したい。それが居心地の良さにつながるはずです。単純にどんなインテリアを作るかではなく、そのスペースの使い方にまで、住み手が想像力を働かせる余地があるって、とても楽しいことだと思います。

企画・開発の意義

若い夫婦二人、あるいは子どもが一人という家族が戸建てを持とうと思うと、従来の建売住宅の市場にはジャストサイズのものがなかなかありません。また、生活するうえで便利な場所は、土地代が高くなります。そんな場所でも、土地を小さくしたコンパクトな住まいなら、理想の予算で住まいが提供できます。ただコンパクトなだけではなく、自分らしく暮らしを楽しめるように、住み手の個性を生かす余白を残しているのが特長です。

創意工夫

ワンフロア10坪に満たないコンパクトな3階建て住宅で、いかに住み手の暮らしを快適にできるかが前提にあります。そこで従来の建売住宅の常識である4LDK、3LDKといった空間の区切り・役割を一端取り払い、ペルソナ設定をしたうえでそのライフスタイルをイメージし、空間の兼用や遊びのある部分を設計に取り込みました。象徴的な空間のひとつとして1階の土間スペースがあります。役割をあえて曖昧にした空間なので、使い方、遊び方は自由です。ちょっとしたマイ工房。趣味を披露するスペースなど、住み手のイマジネーションを刺激する場として提案しています。2階は、家全体のイメージ表す空間として、手触り感のある素材・仕様を採用しています。3階はワークスペースを仕切りながらもほどよく抜ける空間として、狭さを感じさせない間取りにしています。

仕様

3階建て壁式鉄筋コンクリート造/戸建て分譲住宅/建物間口5.4M/奥行き6.06M/延床面積96.76㎡(29.26坪)/敷地面積56.34㎡(17.04坪)

どこで購入できるか、
どこで見られるか

株式会社 RCハウジング札幌支店
RCスタイル札幌

審査委員の評価

札幌市内に建つRC壁構造3階建てのコンパクトでデザインのキレがいい建売住宅である。構造体は外壁と階段回りだけなので、室内のプラニングはクライアントの希望にフレキシブルに対応できる。壁構造を活かした玄関や窓の配列もユニークである。

担当審査委員| 古谷 誠章   篠原 聡子   難波 和彦   日野 雅司   松村 秀一  

ページトップへ