GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2014

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
JR西日本の車両リノベーション [JR西日本の車両リノベーション(体質改善)]
事業主体名
西日本旅客鉄道株式会社
分類
公共用の移動機器・設備
受賞企業
西日本旅客鉄道株式会社 (大阪府)
受賞番号
14G090775
受賞概要
2014年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

JR西日本では大阪、京都、神戸を擁する都市圏を中心に約3600両の車両で鉄道事業を営んでいます。毎年新車を投入していますが、それだけで安全性やサービスを維持していくことは困難です。新車投入だけではなく既存車両を『リニューアル』することで、車両全体の安全性や快適性を向上・維持しています。この『リニューアル』とは、経年に対する機能回復だけではなく現代のニーズに見合った車両へ生まれ変わらせるリノベーション(体質改善)です。主なコンセプトは以下となります。・お客様のメリットを第一に、さらに鉄道事業者のメリットも実現させる車両改良・JR西日本としての車両ブランドの統一・車両のライフサイクルコストの最適化

プロデューサー

西日本旅客鉄道株式会社

詳細情報

http://www.westjr.co.jp/

利用開始
2013年1月
販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

新車投入だけでなく既存車両をリニューアルすることで鉄道車両全体の安全性や快適性を向上維持しています。

背景

JR西日本では、車両経年に応じて時代に見合った車両へ生まれ変わらせる体質改善を実施しています。新製車両と同じ安全性と快適性を追求することで、JR西日本の車両ブランドの統一を図っています。また、車両の長寿命化やライフサイクルコストの最適化を図ることで、JR西日本の車両全体の価値向上を実現させるデザインとしています。

デザイナーの想い

JR西日本では新製車両だけでなく既存車両に対する快適さも重視しており、JR西日本の車両が共通のコンセプトのもとブランドイメージの向上を目指しています。新製車両の投入と既存車両への体質改善を計画的に実施していくことで、お客様への快適で安全な車両の提供に努めています。

企画・開発の意義

新製車両は最先端の技術を盛り込んで新規設計を行います。一方、体質改善では、すでに20数年運用している車両に対する設計が必要です。既存の車両は、投入した時代により車両の設計思想や構造も異なるため、改良することは容易ではありません。これらの異なる設計思想となる車両に対して、最新の材料や工法などを効率よく実現させることを重視しました。

創意工夫

JR西日本の車両ブランドの統一に向けて、既存車両と新製車両との融合を最も重視しました。最新の車両で展開している安全性を具現化したデザインを、既存の車両にも調和させて実現しています。使用している部品も共通化を図ることで、車両イメージの統一だけでなく、コストメリットや設計の効率化も狙っています。

仕様

JR西日本では、新車投入だけではなく既存車両を『リニューアル』することで、車両全体の安全性や快適性を向上・維持しています。 『リニューアル』では、JR西日本の車両の共通コンセプトである「明るく、広く、静かで快適な車両」空間に加えて、「安全を最優先する」ことを重要視しています。更に、輸送状況や運用区間の変化への対応、安定輸送対策の実施、社会ニーズに対応した客室環境への改善を追求しています。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

JR西日本の大阪、京都、神戸を中心とした都市圏鉄道網「アーバンネットワーク」
JR西日本ホームページ

審査委員の評価

公共交通にとって事故は避けるべきものであるが、現実に起こった事象を受け止め、今動かしている公共交通サービスの中で安全な移動をどのように実現していくかは決して生半可ではない。限られた輸送資源の中で、車両をより安全なものにリニューアルしていくために、長寿命化やライフサイクルの最適化に取り組むことで、リノベーションのトータルデザインを実現していることを高く評価したい。

担当審査委員| 山田 晃三   根津 孝太   羽藤 英二   原 研哉   森口 将之  

ページトップへ