GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2014

GOOD DESIGN|グッドデザイン・ベスト100

受賞対象名
モーターサイクル [MT-07]
事業主体名
ヤマハ発動機株式会社
分類
個人用の移動機器・設備
受賞企業
ヤマハ発動機株式会社 (静岡県)
受賞番号
14G090724
受賞概要
2014年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

「普段着感覚で楽しめるバイク運転」や、「バイクのある豊かな生活」を提唱するスポーツモデル。軽量・スリム・コンパクトな車体に、 トルクフルな直列2気筒の689㏄エンジンを搭載し、心地よい加速感を味わうことができる。パワーやスピードに固執しない方々や、 エントリー層にも、バイクを操るおもしろさを体感しやすくした。

プロデューサー

ヤマハ発動機株式会社

ディレクター

株式会社GKダイナミックス 松浦雅彦

デザイナー

株式会社GKダイナミックス 動態デザイン部 笹浪一正

詳細情報

http://www.yamaha-motor.co.jp/mc/sportsbike/mt-07/

発売
2014年8月20日
価格

648,000円 (税抜き本体価格)

販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

Sports Passion Motorcycle with Smart

背景

スポーツバイクユーザーは、⻑らく⼤排気量&ハイパワーを志向する傾向にあった。しかし近年では「扱いきれるパワー」と「扱いやすい軽量な⾞体」にニーズがシフトしつつあり、⼤型⼆輪のカテゴリーでは1000cc 未満の中間排気量モデルの需要が⾼まっている。その⼀⽅で、「所有欲を満たしてくれる個性」や、「どんなシチュエーションでもワクワクしたい」というニーズも⾼まっている。

デザイナーの想い

MT-07は、ダブル・デッキ・ストラクチャーという二段構成のデザインで「洗練された造形美と力強い構造美の融合」を表現しました。タンクからシートにかけてのスリムかつグラマラスなラインと、安定した走行をイメージさせるエンジンからホイールにかけての力強いフォルムでそれらを実現しています。エンジンの鼓動とともに風を感じる新しい感覚のデザインによって、初めて見た人にも楽しさを感じていただけると考えています。

企画・開発の意義

普段着感覚で楽しむバイクの運転を通じて、若い世代に「バイクのある豊かな⽣活」を提唱する。そのために、パワーやスピードより扱いやすさ、クールな外観、経済性などをバランスさせることを優先し、⽇常の移動や週末のツーリングでのスポーツパッションあふれる⼼地よい⾛りと楽しさの提供をめざした。

創意工夫

スポーツパッションあふれる⾛りを普段着感覚で楽しんでいただくために、以下のような⼯夫をした。 ①取りまわしが容易な軽量・スリム・コンパクトなボディを採⽤。 ②⼼地よい加速感を得るために、バランスがよく扱いやすいトルクフルな直列2 気筒689 ㏄エンジンを搭載。 ③バイクを操るおもしろさを体感しやすくするために、バイクならではの姿勢変化を感じやすくするディメンションを採⽤。 ④頻繁なギアチェンジをしなくてもスポーティな⾛りが楽しめる、カバー範囲の広いトルク特性。 ⑤個性的なライフスタイルを表現するユニークなボディ造形。乗⾞姿勢もアップライトで⾛⾏する姿が町と調和する。 ⑥購⼊しやすい価格帯と、低燃費による魅⼒的なランニングコスト。

仕様

全長×全幅×全高 2,085mm×745mm×1,090mm 車両重 182kg

どこで購入できるか、
どこで見られるか

ヤマハ発動機正規ディーラー
MT-07スペシャルサイト
YAMAHA MT-07 Promotion Movie Japan
Master of Torque

審査委員の評価

市街地走行やツーリングでの扱いやすさを目指すべく、車体を179kgと軽くスリムに仕上げながら、存在感あふれるタンク、タンクとステップをつなぐアルミプレート、軽快なシートまわり、ショートタイプのマフラーなどにより、モダンでクオリティの高いスタイリングを実現。次世代のスタンダードを創造しようという明確な意志が伝わってくる。エンジンも2気筒700ccとすることで、扱いやすさと味わいを高次元で両立しており、モーターサイクル本来の操る楽しさ、所有する喜びが得られる車種に仕上がっている。

担当審査委員| 山田 晃三   根津 孝太   羽藤 英二   原 研哉   森口 将之  

ページトップへ