GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2014

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
自転車 [BWX]
事業主体名
ブリヂストンサイクル株式会社
分類
個人用の移動機器・設備
受賞企業
ブリヂストンサイクル株式会社 (埼玉県)
受賞番号
14G090717
受賞概要
2014年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

自転車に乗ること自体が目的であって欲しい。その根幹にあるのは乗って楽しいこと。 BWXは子供の本能が「乗りたい」と訴え、乗って「楽しい」と感じる、走り、ギミックを盛り込んだ新しいスタイルのジュニアバイクである。フレームはアルミにすることで軽量化し、専用のファットタイヤを組み合わせることで街中はもちろん未舗装路でも軽快な走行を実現する。また、着脱式の1W高出力LEDバッテリーランプは夜間での安全性を高めるとともにランタン機能を持たせることで、自転車で行く先々でのアクティビティーを広げるツールとなっている。

プロデューサー

ブリヂストンサイクル(株)マーケティング1部 企画1課 田中 周平

ディレクター

ブリヂストンサイクル(株)技術管理部デザイン課

デザイナー

ブリヂストンサイクル(株)技術管理部デザイン課 米村内蔵助

詳細情報

http://bwx.jp/

発売予定
2014年9月
価格

33,000 ~ 43,000円(税抜き)

販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

たくましく乗って遊べる、スタイリッシュなジュニアバイク

背景

ジュニアバイク市場は売り場の商品スペックやラインナップが酷似しており価格競争市場となっている。一方で、近年、幼児用のキッズバイク(ペダル無し二輪車)のアクティブスポーツが流行するなど、自転車に興味を持つ子供や購入者(子供の両親や祖父母)が増えている。従来の市場に変化をもたらし、アクティブに自転車と関わる子供達へ向けた新しいコンセプトのジュニアバイクが必要不可欠となる。

デザイナーの想い

子供達は小学生になると従来のジュニアバイクに買い換え、その後ママチャリに乗り、自転車に対して興味を失う傾向がある。私は自転車の選択が慣習に縛られ、その後関わりが希薄になることはもったいなく感じる。少年期にお気に入りの自転車と共に沢山の思い出を作り興味を持ち続けて欲しいと願う。自転車はただの移動手段ではなく、共に感動や思い出を作ることの出来る最も身近な乗り物(パートナー)であることを伝えたい。

企画・開発の意義

子供達が最も外で遊ぶ時期に、自転車を使って沢山の冒険やチャレンジを繰り広げて欲しい。我々はその思い出のパートナーとなる自転車を提供する。BWXとの刺激的な思い出が子供達のたくましい成長に役立つことを願う。

創意工夫

フレームはアルミにすることで軽量化を図った。フレームのメインチューブはハイドロフォーミングにより成形。角張った形状にすることで「力強くタフなイメージ」を表現している。また、衝撃を吸収する目的でフロントサスペンションの採用を検討したが、あえて軽量なアルミリジットフォーク(ELITEモデル)を採用し、エアーボリュームのあるファットタイヤを専用に開発することで、重量を増すことなく衝撃吸収性を向上している。さらにヘッドパーツにアヘッド式を採用、ヘッド周りを軽量化し剛性を高めた。また、大人用スポーツ自転車と同じアヘッド式にすることで、パーツの汎用性が高まり、カスタムを楽しむことも出来る。1Wの高出力LEDバッテリーランプは前照灯としての安全性を確保するため、車体取り付け時は機能を点灯に限定。車体から取り外し、ランタンとして使用する際は点灯、点滅、赤色灯、青色灯、調光機能が選択可能な設計となっている。

仕様

代表車種仕様:タイヤサイズ:24x2.4 HE 適正身長範囲:128〜149cm シフト:6段 重量:14.7kg

どこで購入できるか、
どこで見られるか

ブリヂストンの自転車を扱っている全国の自転車販売店
ブリヂストンサイクル株式会社

審査委員の評価

少年のための格好の良いバイクである。少年のこころを、いや、かつて少年のこころを持った父親が疼く。ハードな競技用BMXの特徴を反映し軽量ながら骨太。多少のギミックを聞かせながら、自転車の面白さをジュニア世代にアピールする。ランタンとして機能するヘッドランプは、誰もいない山の中に少年を誘う。新たなイノベーションがあるわけではないが、バランスの良さにおいて支持したい一品である。

担当審査委員| 山田 晃三   根津 孝太   羽藤 英二   原 研哉   森口 将之  

ページトップへ