GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2014

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
防犯用デジタルレコーダー [ランガード SX-H2]
事業主体名
株式会社 熊平製作所
分類
オフィス用品・機器
受賞企業
株式会社熊平製作所 (広島県)
受賞番号
14G080671
受賞概要
2014年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

金融機関窓口やATM等でのトラブル発生時に重要な証拠になる映像を記録する防犯用デジタルレコーダー。最大の特徴は360°全方位監視カメラを接続した死角の無い録画監視です。魚眼レンズによるゆがんだ画像を「天井設置」「壁設置」「パノラマ」の3つのパターンで見やすく自動補正し、広範囲画像の中から監視に必要な部分を複数の画面に分割表示したり、注目する部分を拡大してマウスで動かしながら監視できます。接続するカメラ台数を削減でき、かつ録画媒体であるHDDの削減にもつながるためコストダウンが図れます。また、紙埃による吸気口の目詰まり対策として、フィルター交換を容易化し保守性を高めています。

プロデューサー

株式会社 熊平製作所 常務取締役 川中基至

ディレクター

株式会社 熊平製作所 事業部 盆子原哲、製品開発部 茶之原大輔

デザイナー

株式会社 熊平製作所 製品開発部 木原紀昭、吉田収、佛原崇、 開発管理部 松本一孝

詳細情報

http://www.kumahira.co.jp/products/system/surveillance/h264sx-h2.html

発売
2013年5月
販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

1.全方位監視の実現 2.容易なメンテナンス 3.わかりやすい表示 4.オフィスに佇むシンプルな外観

背景

金融市場では高精細画像の録画と長期間録画の相反する条件を両立し、死角のない監視を行うために多くのカメラを接続できるレコーダーが求められます。しかし、複数カメラによる録画には大容量HDDが必要でコストが高くなります。そこで、1台の360°全方位カメラの映像による死角のない監視を実現しHDDの削減を図ります。また、突然の故障を予防するため、HDD交換時期の通知やフィルター交換の容易化を実現します。

デザイナーの想い

セキュリティ機器は本質的に、目立たずにいつのまにか仕事をしている「縁の下の力持ち」的な存在です。「安心」「安全」「信頼」をさりげなく感じていただくために、目立たないけれど質感が高く美しくて、よく考えてあり、よく仕事をする、そんなモノをデザインできたらと思います。この録画装置は弊社の長年にわたる画像処理に関する技術の結晶であり、開発した技術者たちの思いがシンプルな外観の中に詰まっています。

企画・開発の意義

1.全方位カメラによる広範囲監視を実現し必要なカメラ台数を削減、かつ必要記憶容量を低減し導入コストを抑制。2.フィルターやHDD交換の容易化と交換時期の通知機能を搭載し突然の故障を予防。3.発光するアイコンで通知や異常、動作状況をわかりやすく表示。4.オフィス空間にさりげなく佇み信頼感を高めるシンプル・ミニマムな造形。

創意工夫

ソフトウェアは全方位カメラによる歪んだ監視映像を自動的に自然で見やすく補正する機能を備え、注目したい部分を複数の画面に分割して表示することができます。分割した画像は4:3の通常画角や16:9のワイドに加え、3:4の縦長画角にも対応し、カメラを90°回転させて設置した画像や全方位監視画像を縦長にできる等、様々な設置場所に最適な監視範囲を設定できます。またそれぞれの画像上でマウスの操作により拡大・縮小や角度の変更をできるなど、見やすさや使いやすさに配慮しています。画面の配色はカラーユニバーサルデザインに配慮し、専用ツールで確認を行っています。また、ハードウェアは樹脂成形品の詳細設計にデザイナー自身が携わり、本体正面のフィルター付メンテナンス扉やLEDによるアイコン表示パネルをフラット化しシンプルに美しくまとめました。

仕様

外形寸法 : W340mm×H130mm×D350mm(突起含まず)  重量 : 8.3kg

どこで購入できるか、
どこで見られるか

株式会社クマヒラ 日本橋(東京)ショールーム、大阪ショールーム、株式会社 熊平製作所 ショールーム
クマヒラグループのショールーム
バーチャルショールーム(監視カメラゾーンに全方位カメラ、パノラマカメラの監視映像があります)

審査委員の評価

全方位監視カメラを接続した録画監視デジタルレコーダーである。システムとして提供する機能とその操作性をデザインとして高く評価した。魚眼レンズを用いた360°全方位カメラで録画された歪んだ映像を分割監視画面において歪みの少ない自然な画角に補正して表示し,注視点を操作して確認したい位置の調整が容易にできる点が優れている。高画質画像のため画像拡大によって詳細部分を確認できる。主な利用者である金融機関で生じうる問題処理に向けて効果的なソリューションを提供している。

担当審査委員| 朝倉 重徳   池村 明生   田子 學   樋口 孝之  

ページトップへ