GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2014

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
電子冷蔵庫 [グラン・ペルチェ RP-20A-W]
事業主体名
三菱電機エンジニアリング株式会社/三菱電機株式会社
分類
研究・教育・医療用の機器・設備
受賞企業
三菱電機株式会社 (東京都)
受賞番号
14G070620
受賞概要
2014年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

本製品は、病院において、病室の床頭台に収納して入院患者が使用する、引き出し式の電子冷蔵庫です。病室での使用を考慮し、使い勝手・清潔性・静音性を追求しました。引き出しは、正面のハンドルに加え、上部にもハンドルを設けており、車椅子やベッドの上からでも、楽な姿勢で引き出せます。また、上から庫内を一覧でき、簡単に食品を出し入れすることができます。庫内のバスケットは取り外しが可能で、丸洗いできます。引き出しは、ある程度まで押し込めば、残りは自動で閉まる機構を搭載していますので、閉め忘れがなく、安心してご使用いただけます。電子式の冷却方式を採用していますので、病室にふさわしい静音性を実現しています

プロデューサー

三菱電機エンジニアリング(株) 福嶋章雄、岩崎吉隆

ディレクター

三菱電機(株)デザイン研究所 高砂 英之

デザイナー

三菱電機(株)デザイン研究所 新井 悟史、星 匡朗

詳細情報

http://www.mee.co.jp/sales/security/peltier/feature20.html

発売
2012年11月
価格

30,000円前後

販売地域

日本国内向け

仕様

幅402×奥行き450×高さ375(mm) 重量 11Kg 容量 24L

受賞対象の詳細

背景

入院中の患者が快適に過ごすためには、ベッド周辺にコンパクトに設置し、不自由な身体でも使いやすく、清潔で静かな設備機器が不可欠です。しかし、ベッド回りに設置する冷蔵庫は、小形の一般冷蔵庫が使用されるケースも多く、課題がありました。例えば、ドア式では庫内を覗き込むために腰をかがめたり、不自由な手で扉を開けにくい場合や、庫内の凹凸部の清掃がしにくい場合、冷蔵庫の運転音が気になることが生じていました。

デザインコンセプト

1.身体負荷の軽減 2.緊張感を排除した造形 3.高い清掃性

企画・開発の意義

病院に入院中の患者の身体的制約や環境的制約に対して、使いやすい冷蔵庫が入院患者の身体的負荷を軽減し、入院中の快適性向上により治療への専念を促すことができると考えています。同時に、緊張感を排除したシンプルな造形にすることで、視覚的なストレスのないリラックスした空間づくりを提供します。また、清掃性を高める造形にすることで、製品の清潔さを保ち、長期的な製品使用と衛生的な空間づくりを促進します。

創意工夫

車椅子やベッドの上からでも楽な姿勢で引き出しを開けられるように、正面のハンドルに加え、上部にもハンドルをつけました。ハンドルは、本体から突出しないように凹形状にし、且つ本体に大きなラウンドをつけるなど、全体として優しい印象にまとめました。また、食品を出し入れしやすいように、引き出しレールの溝を庫内奥一杯まで長くし、コンパクトな本体サイズながら十分な引き出し量を確保しました。引き出した時は本体が前に倒れないように、足の位置や重量バランスを吟味しました。庫内バスケットの側面にあるスリット穴は冷気を循環させるとともに、庫内仕切り板の固定としても活用しました。本体底面にある露の受け皿と吸気フィルターは同一部品とし、ワンアクションで両方着脱できるなど、メンテナンス性も高めました。また、両端が解放した上部ハンドル、大きなラウンドのついたフォルム、凹凸の少ない庫内形状などにより清掃性を高めました。

デザイナーの想い

入院患者にとって病室は1日の多くを過ごす場所であり、大切な生活空間です。入院患者が快適に過ごせる病室環境の一部として静かに存在し、必要な時に無理なく使える、そんな存在感と使い勝手の実現を目指しました。また、形状や部品構成を吟味することで清掃性を高めています。安心して使える製品の普及を通して、入院中の人々がストレスなく快適に過ごし、一日も早い回復が叶うよう貢献したいと考えております。

審査委員の評価

体勢や運動能力に制限のある入院患者が使用する冷蔵庫に求められるものは、楽な操作性。また、病院内の冷蔵庫に求められるのは、清潔性、清掃性である。このプロダクトは、引き出し式で、車いすやベッドからでも上から簡単に出し入れできることに加えて、白くて湾曲した外見による、見た目の柔らかさと清掃性が確保された。丸洗いできる構造や、自動で扉が閉まる特徴、騒音が少ないなどの内部的な機能面での配慮もある。病室の中の小さな道具でも、患者のストレス軽減に役立つものと思える。

担当審査委員| 安次富 隆   内田 まほろ   重野 貴   田川 欣哉  

ページトップへ