GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2014

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
スクリーン [ZIP Rail Screen]
事業主体名
株式会社SHY
分類
家具・インテリア用品、住宅設備
受賞企業
株式会社SHY (三重県)
受賞番号
14G060508
受賞概要
2014年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

スクリーンカーテンとしてご使用いただくと、そのフラットな形状を活かし、空間を最大限に利用できます。シンプルかつスタイリッシュなデザインです。 取付けは簡単ですが、他の窓周り製品と比べ窓枠との隙間が少ない為、よりプライバシーを保つことができます。 また、間仕切りとしても活躍します。目隠しを作りたいとき、小さな区画で外からの視線を遮りたいとき、簡単に新たな空間を作り出すことができます。 お好みのスクリーン生地を選択でき、入れ替えも容易にできますので、季節やお子様の成長に合わせ、インテリアとして変化を楽しめます。 W3m×H3m(9㎡)の大型対応可能です。

プロデューサー

株式会社SHY 林口 典雄

ディレクター

株式会社SHY 林口 典雄

デザイナー

株式会社SHY 林口 典雄

詳細情報

http://www.shyzip.com

発売
2014年10月
販売地域

国内・海外共通仕様

仕様

スクリーンの上部に幅35mm×高さ15mmの小さいZIP Railの中に6連レールがあります。スクリーン上部にファスナーを溶着・縫製等して、アルミ製ZIP Railの中にファスナーが通る製品です。 W3m×H3m 9㎡の大型対応可能です。

受賞対象の詳細

背景

部屋を区切りたい、目隠しをしたいと思ったとき、たくさんの人がのれんのようにカーテンを使って間仕切りにしていました。 それでは十分にプライバシーも保てず、かつ内装の雰囲気を壊してしまいがちです。 また、小さなお子様がいらっしゃる場合、操作コードをひっかけてしまい、危ないこともございます。そんなお悩みを失くしたいと思い、本製品の開発に至りました。

デザインコンセプト

極小の取付けレールで大型パネルスクリーンの使用が可能。下から見ても溝が対称に見えるようにシンプルに。

企画・開発の意義

化粧室やお風呂の脱衣場は換気が必要となる一方で、外からの視線を遮る必要もあります。こういった目隠しや間仕切りを置きたいという要望に応えるため、大掛かりな工事が必要でした。 本製品は、ニーズを満たしつつ、大幅に軽量化されており、取付けがとても簡単です。スクリーンは内装の雰囲気を損なわずに新たな空間を生み出します。 生地の入替えも簡単ですので、空間、季節、その時々の好みに合わせ変化を楽しめます。

創意工夫

スクリーン生地にファスナーを付けレールに通すことで、生地の入替えを容易にし、かつレールの形状は極限まで小さくしました。小さくしてもスクリーンの操作感に影響が出ないよう、 レール内側の仕様やファスナーの種類など、調査を重ねて製作しております。 大きなスクリーンは見た目も美しい上、スペースも最大限に活かすことができますが、今まではそれに比例して、取付部の部品が大きくなったり大掛かりな工事が必要になっていました。 本製品は、大型間口の利点はそのままに、より広く皆様に使っていただくことを考え、手軽さとコンパクトさに重点を置いています。 また、開閉操作もシンプルかつ簡単になりました。電源コードが要らないため、小さなお子様がいらっしゃるご家庭でも安心・安全にお使いいただけます。

デザイナーの想い

一昔前、身に纏う服は気に入った生地で手作りをしていたように、部屋をお気に入りの生地で、オンリーワンの空間にしてほしいと考えました。 カーテン生地は専門店から買うしかない、間仕切りは既製品から選ぶしかない、今まではそうでした。でも、生地は世の中にたくさんあるのです。 一番好きな生地で日除けや間仕切りを作ることができる、好みが変わったら新しい生地を選ぼう、そんな風にお楽しみいただければ嬉しいです。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

株式会社SHY

審査委員の評価

昨年の仕様から、新たに改善されたスクリーンカーテンレールはスクリーンの着脱も自在になっている。何より今までのカーテンレールとは違い、動きがとてもスムーズで心地の良さまで感じる事ができる。薄型のアルミ製レールの形状は窓際のカーテンのみにとどまらず、部屋間の間仕切りパーテーションとしても違和感なく設置出来る。見た目の心地良さと、動作性の心地良さを兼ね備えた製品である。

担当審査委員| 橋田 規子   五十嵐 久枝   服部 滋樹   吉田 龍太郎  

ページトップへ