GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2014

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
給湯機用リモコン [コロナ エコフィール スタイリッシュリモコン]
事業主体名
株式会社 コロナ
分類
生活家電、音響機器、照明器具
受賞企業
株式会社コロナ (新潟県)
受賞番号
14G060487
受賞概要
2014年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

高効率石油給湯機「エコフィール」のリモコンです。 「エコフィール」は、排熱を再利用することで、優れた給湯効率を実現する給湯機。リモコンは機器の運転/停止や給湯温度の設定を行う基本性能に加え、スイッチ全体が光って運転状態が一目でわかる「光るスイッチ」を採用し、台所リモコンでは灯油やお湯の使用量を数値(表)やグラフで表示するエネルギーの見える化「ecoガイド」機能により、使いすぎのチェックや無理のない節約が可能なリモコンです。 また、浴室リモコンは高輝度LED表示を採用し、大きな画面と広い視野角で暗がりや湯気越しでもはっきりと見える「見やすさ」を追求したリモコンです。

プロデューサー

株式会社コロナ 常務取締役 技術本部長 鶴巻悟

ディレクター

株式会社コロナ 執行役員 技術本部副本部長 中川道夫

デザイナー

株式会社コロナ 技術本部 住設商品開発グループ 給湯チーム 佐藤政人、木村貴宏 / 技術管理グループ デザインチーム 武村恭範、知野正英

詳細情報

http://www.corona.co.jp/

発売
2013年2月
販売地域

日本国内向け

設置場所

一般家庭

受賞対象の詳細

背景

以前より、環境への取組みとして省エネルギー性に優れた給湯機が求められていました。給湯機の中でも、熱源コストにメリットがあり、根強い需要がある石油給湯機。排熱を再利用し、高効率で低ランニングコストを実現する石油給湯機「エコフィール」を開発するにあたり、お客様の省エネをサポートし、無理のない節約が可能な新しいリモコンの必要性が高まりました。

経緯とその成果

省エネをサポートし、高齢者にも配慮した優れたユーザビリティを目指しました。

デザイナーの想い

明るい白色と直線を基調としたスマート&スタイリッシュなデザインで、「一つのスイッチに一つの機能」による簡単操作と「ecoガイド」や「節水モード」などの省エネをサポートする機能を搭載したリモコン。石油機器の進化を実感していただき、かしこくエコな快適給湯を楽しんでいただきたいです。

企画・開発の意義

石油給湯機市場では買い替え需要が多くあります。このリモコンは、長年、石油給湯機を使用していたお客様が、買い替え後も迷わず簡単に操作ができるよう、「一つのスイッチに一つの機能」を基本に設計しています。その上で従来からのお客様や新規のお客様に求められている「省エネをサポートする機能」を付加し、簡単操作と高機能を両立したリモコンを提案しています。

創意工夫

「一つのスイッチに一つの機能」を基本とし、使用頻度の少ないスイッチはふた内に隠してスッキリとしたデザインにするとともに、スイッチ全体が光る「光るスイッチ」を採用し、運転状態が一目でわかるようにしました。台所リモコンは文章、グラフ表示から大きな温度表示まで多彩な情報表示が行えるフルドットLCDを採用、浴室リモコンは高輝度白色LEDを採用し、浴室のどこからでも見られるよう、広い視野角で大きく、明るい表示としました。 また、省エネをサポートする機能として「ecoガイド」と「節水モード」を設けました。ecoガイドは、灯油やお湯の使用状況を日、週、月単位で数値(表)やグラフで表示するので、使いすぎや節水状況が一目で分かります。節水モードは給湯量を3段階に切替えてお湯の使いすぎを抑えることができます。使いすぎと感じたら節水モードを活用し、節水の効果はecoガイドで確認することができます。

仕様

【台所リモコン寸法】高さ130×幅143×厚さ18 mm 【浴室リモコン寸法】高さ122×幅186×厚さ19 mm 【重量】台所リモコン220g、浴室リモコン300g

どこで購入できるか、
どこで見られるか

住宅設備機器販売店
株式会社 コロナ ホームページ

審査委員の評価

給湯器用リモコンは省エネをサポートするエコ表示や節水モードなど、複雑化している。このリモコンは「一つのスイッチに一つの機能」を基本とした「光るスイッチ」が特徴。運転状態の確認がスイッチの点灯によってわかる。表のスイッチを最小限にしてデザインをすっきりさせると使い勝手に支障をきたす場合があるが、この製品では、表のスイッチ数は多めでも、使いやすくしている。特においだきに使うたし湯、ふろあつめ、が表面に出ている点が好ましい。

担当審査委員| 橋田 規子   五十嵐 久枝   服部 滋樹   吉田 龍太郎  

ページトップへ