GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2014

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
椅子 [Nadia]
事業主体名
株式会社松創
分類
家具・インテリア用品、住宅設備
受賞企業
株式会社松創 (広島県)
受賞番号
14G060431
受賞概要
2014年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

日本の家具職人に脈々と受け継がれる木工技術の歴史には船大工の技術から発展してきたものが少なくない。 これは海に囲まれた日本の風土から自然と派生したものであり、木の組み方において非常に秀でた特徴がある。 Nadiaシリーズはこの美しい組み木構造に着目して生まれました。木造船を想起させるような組み木構造が全体に現れ、デザインと構造が高い次元で調和した家具のシリーズです。

プロデューサー

株式会社松創 代表取締役 松岡佳二

ディレクター

JIN KURAMOTO STUDIO  代表 倉本 仁

デザイナー

JIN KURAMOTO STUDIO  代表 倉本 仁

発売予定
2015年1月20日

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

木造船を想起させるような組み木の構造を全体に宿し、デザイン性と構造強度の高い次元での調和を目指した。

背景

広島・府中という家具産地はその長い歴史の上に婚礼箪笥のような「箱もの」とよばれる類いの家具製作技術に秀でています。その府中家具の歴史と高い技術を武器に職人とデザイナーが共同で新しいブランドを立ち上げるという目標のもと、ダイニング家具のシリーズをつくりました。

デザイナーの想い

ユニークで強い印象を持つ「目に触る椅子」でありながら、家庭に持ち込んでも住環境としっくりと調和をとれるような「生活に触る椅子」である。 この両方を同時に満足できるような椅子を作りたかった。

企画・開発の意義

府中家具は婚礼ダンスで有名な産地ですが、近年は消費需要の下降を主とした原因として産地全体の全体生産量が落ちてきています。 しかし、産地の歴史や家具職人の技術レベルはいまだ高い水準にある。この事を商品開発を通して、市場にアピールするという狙いがありました。

創意工夫

産地に伝わる組木の技術を最大限に活用する事で、軽くて高構造強度、利便性の高い椅子を作ろうと考えました。同時に組木の技術そのものを全体意匠のアイコンとして用い、見る人に印象を残す強いイメージを持った椅子である事も条件の一つでした。これらを満たす為に、家具職人と綿密な折衝を何度も行ない、細い部材が組み合わさることで全体の強度を作り出す構成を実現しました。結果的に木造船のような構造が導き出され、非常に軽く、そして十分な強度をもつ椅子が生まれました。

仕様

W460×D530×H780×SH430 重量:約4キロ

審査委員の評価

組み木構造の技術が最大限に表せるプロポーションである。三次元の組み合わせを見事に装飾に取り入れ、適材箇所に採用されている。図面を越えたコミュニケーションが製造工程上で沢山巻き起こっていただろうと想像させる製品だ。

担当審査委員| 橋田 規子   五十嵐 久枝   服部 滋樹   吉田 龍太郎  

ページトップへ