GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2014

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
スマートフォン [らくらくスマートフォン3(F-06F)]
事業主体名
富士通株式会社
分類
個人・家庭向け情報機器およびその周辺機器
受賞企業
富士通株式会社 (神奈川県)
受賞番号
14G050335
受賞概要
2014年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

3世代目のらくらくスマートフォンとして、使いやすさと美しさの融合を目指しました。独自のUIやハプティック(触感)タッチパネル等、使いやすさへの配慮を継承しながら、美しく見やすいフォルムとUIに重きを置いて商品を深化させました。持ちやすく、やさしい印象を与えるラウンドフォルムを一層洗練させています。また、筐体とUIを一つの世界観で纏め上げることで、今までのスマートフォンに無かった一体感のあるデザインとなっています。丸さのある美しいフォルムが映える3色のカラーバリエーションを用意。レッドは艶、ブラックは指紋の付かないマット、ホワイトは奥行きのあるパール等、それぞれの色に相応しい仕上げを施しました。

プロデューサー

富⼠通株式会社モバイルフォン事業本部 本部⻑ ⾼⽥ 克美

ディレクター

株式会社日本デザインセンター 代表取締役 原 研哉

デザイナー

株式会社日本デザインセンター 代表取締役 原 研哉、 齋藤 裕行、川浪 寛朗、竹尾 太一郎

詳細情報

https://www.nttdocomo.co.jp/product/easy_phone/f06f/index.html

発売予定
2014年8月
販売地域

日本国内向け

設置場所

ドコモショップ、家電量販店

受賞対象の詳細

背景

スマートフォンを使いたいというシニアの意向が高まる中で、老人向けに過剰に配慮されたスマホではなく、普通のスマホをスムースに使いたいというユーザーの思いに素直に応えられるよう“使いやすくてきれい”な、永く使っていたいと感じてもらえる製品を目指しました。 今以上に多くのユーザーにスマートフォンを届けたい、ICTに積極的に関わることで人生を豊かにしてもらいたい、という想いから開発がスタートしました。

経緯とその成果

生活をスムースに楽しくしてくれる“使いやすくてきれい”なスマートフォン。

デザイナーの想い

「お母さん、このスマホ使ってみて。」「あらどうして?」「使いやすくてきれいだから。」そういう会話が自然に聞こえてくるスマホを目指しました。使い手の「誇り」を意識すると「美しさ」が重要になります。シニア層が自分で購入するだけでなく、子が親に買ってあげるスマホでもあります。9つのキーに、使用頻度の高いアクションを、子が親に設定してプレゼントする。そんなシーンも想定しながらデザインしています。

企画・開発の意義

今までのシニア向け製品の多くに見られた過剰な配慮を見直し、「誰にでも使いやすい=シニアにも使いやすい」を目指すことで、らくらくシリーズだけでなく、世の中のシニア向け製品のデザインに一石を投じるものとなりました。 多くのシニアが意欲的にスマートフォンを所有することのきっかけとなり、より積極的にICT社会と関わることで、新しい体験や豊かな人生の助けになると考えます。

創意工夫

シンプルにそぎ落とした造形のなかで安心感・使いやすさを表現するため、UIにおいて、ボタンのアイコンをデザインしました。また、美しいタイポグラフィを実現するためにフォントも整理し直し、見やすく使いやすいサイズを採用しています。さらに、4パターンのトップ画面のカラーバリエーションを用意したことにより、ユーザーの多様化する嗜好に応える製品に仕上げました。 また、ハードにおいては、片手でも両手でもしっかりと使える筐体サイズや、手のひらに優しくフィットする断面形状を工夫し、持ちやすさを繰り返し検証したことで、他製品に類を見ない大きなコーナーラウンドを有した、大画面でありながらも手に取りやすいフォルムを実現しました。さらに、ディテールにおいても特徴となるホームキーを透明な曲面形状にすることにより、押しやすい凸量を確保しながら、水滴のようにクリアな美しさを実現しています。

仕様

高さ137㎜×幅67㎜×厚さ9.9㎜ 質量 135g

どこで購入できるか、
どこで見られるか

ドコモショップ
製品情報

審査委員の評価

外装とUIの色調が統一されたスマートフォン。画面と外装をシームレスにつなげることでボタンのアイコンや文字をくっきり明瞭に浮かび上がらせることを実現。大きなボタンや必要最低限までシンプルに削ぎ落とした画面構成など、旧来のらくらくシリーズとしてのUIのわかりやすさの質を向上させながら、「今までのシニア向け製品の多くに見られた過剰な配慮を見直す」という命題のもと、落ち着きのある大人の美しさが探求されている。シックでコクとツヤのあるレッドや落ち着きのあるマットブラック、ニュートラルなホワイトなど、円熟の美を強く感じさせる色の展開からも強いメッセージが感じられる製品群である。

担当審査委員| 櫛 勝彦   色部 義昭   鈴木 元   松井 龍哉  

ページトップへ