GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2014

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
盛り塩皿 [福招き八角盛り塩揃い]
事業主体名
株式会社クレール
分類
生活・家庭用品、キッチン用品
受賞企業
株式会社クレール (福岡県)
受賞番号
14G030220
受賞概要
2014年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

古来より日本には盛り塩を玄関先や家の中に置く風習があり、主に縁起担ぎ、厄除け、魔除けの意味を持つとされています。また、八角形は風水でも縁起が良いとされており、日本では八は末広がりで縁起が良いとされています。 そこでコンパクトな八角の皿に八角の錐をセットすることで縁起が良い盛り塩を作ることができます。今までは適当な皿に手やカップで塩を盛っていたものを盛り塩専用の皿と錐をセットしたことで現代風でスマートな盛り塩ができます。

プロデューサー

株式会社クレール 山本 勇有司

ディレクター

株式会社クレール 小笠原 鏡香

デザイナー

小笠原 鏡香

発売
2009年7月1日
価格

3,000円

販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

本体を玄関先等に置くため見た目がスマートでコンパクトなイメージにこだわったデザインにしました。

背景

日本産雑貨は中国製など安価な海外産雑貨の流入により、日本産雑貨の流通量が減ってきている。そこで価格にこだわらず日本の伝統的な磁器である有田焼に注目し、おりからの風水ブームの商材の中で恒常的に販売が可能であろう盛り塩の為の皿と錐に焦点を当てました。

デザイナーの想い

盛り塩の習慣はお店等にしかなかったものを一般家庭にアピールし浸透させるために皿と錐をセットし縁起が良いとされる八角にこだわり見た目もスマートなデザインにしました。素材も有田焼にこだわり高品質なものにしました。

企画・開発の意義

日本古来の風習である盛り塩の文化を現代に広めるために価格にこだわらず高品質を追求して日本の伝統的な有田焼を素材に選び一般的な円形の皿ではなく縁起が良いとされる八角形にしました。また、錐についても八角錐にして盛った塩も八角になるようにしました。その結果今まで習慣が無かった一般家庭に盛り塩の文化を広めることができました。

創意工夫

古来からの盛り塩の文化はお店等に残っていましたが一般家庭ではあまり見かけませんでした。折からの風水ブームで盛り塩に関心が寄せられるようになりましたが皿等は特に決まったものはありませんでした。そこで風水で縁起が良いとされる八角形に注目し皿を八角形にし大きさもコンパクトにすることで一般家庭で簡単に盛り塩ができように錐をセットしました。また、錐も八角にこだわりきれいな八角の塩が盛れるようにしました。素材についてもあえて安価なものにせずに日本の伝統的な有田焼にして高品質にこだわりました。

仕様

八角錐型(塩盛り用)径5.5(6.0最大径)×高さ 5.5cm 皿径8.0(8.5最大径)×高さ 1.4cm 盛り塩しましょう!! 有田焼・縁起が良いと言われる八角形の形に塩を盛りつける事が出来ます。玄関先や鬼門と呼ばれる場所に盛りつけてお使いください。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

グリーンコープ生協、コープ九州生協、シャディカタログギフト

審査委員の評価

「祈り」のカタチはいろいろある。しぐさ、呪文、供え物など様々だ。日本人にとって清めの象徴である「塩」をテーマに、そこから「盛り塩」を現代生活の一部に取り入れ、広めたいとの強い思いのあるプロダクトといえる。皿に色を取り入れ、錐のフォルムを八角錐にした独自性が評価の対象となった。

担当審査委員| 山本 秀夫   池田 美奈子   佐藤 弘喜   須藤 玲子  

ページトップへ