GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2014

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
腰枕(湯たんぽ) [ゼヒ]
事業主体名
株式会社ドリーム
分類
身の回り・ライフスタイル用品
受賞企業
株式会社ドリーム (愛知県)
受賞番号
14G020119
受賞概要
2014年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

腰をやわらかく支えて、包み、温める。整形外科医の理論から設計した腰枕です。 寝ている姿勢は、一日で一番腰に負担がかかっています。 自分にあった高さで支えてあげることで負担を減らし、じんわりと温め、不快感を緩和します。 この商品をお買い上げいただくと売り上げの一部が、 国境なき医師団へ寄付されます。 腰と世界をあたためたい。そんな思いを形にしました。

プロデューサー

株式会社ドリーム プロイデア事業部 外山孝幸

ディレクター

株式会社ドリーム プロイデア事業部 渡邉義彦

デザイナー

株式会社ドリーム プロイデア事業部 杉浦裕志、渡邉義彦

発売予定
2014年10月
価格

15,000円

販売地域

国内・海外共通仕様

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

「やわらかく そして あたたかい soft and warm」柔らく暖かい色、質感。骨格を感じる形。

背景

「腰痛」はその他単独の症状に比べて、生活に影響を及ぼす割合が高く、世界で最も大きな健康問題となっています。また日本でも現在2800万人が腰痛患者となっており予備群も合わせると4人に1人が「腰痛」だと言われています。この背景から、ずっと使っていただける腰痛対策グッズを開発したいと考えました。

デザイナーの想い

腰痛で悩んでいる多くの人に使っていただける様、治療に基づき親しみやすい形に、また職人の確かな技術力で長く愛される製品になる事を期待しています。また日本に於いては寄付付き商品があまり無く、そういった商品を増やす事で社会に貢献したいと考えました。

企画・開発の意義

整形外科医が腰の痛みを和らげる施術の中で「あたためる」治療と就寝の際に腰の下に「やわらかい」タオルを重ねて腰部を支える治療があり、市場背景としては姿勢補助具が重度の腰の痛みをもつ人に重用されている事から同治療に基づいた姿勢補助具を作り社会貢献していきたいと考えました。

創意工夫

「やわらかく そして あたたかい」を実現するために、素材はウェットスーツにも使用されている、空気を含むクロロピレンゴムを採用しました。金属や樹脂製の湯たんぽに比べお湯を注いでも低音やけどしにくい体感、抜群の保温力を可能にしました。また施術に基づいた形状にする為に製品は大分県の工場で一点ずつ手作りで作っております。

仕様

●材質/本体:クロロプレンゴム・ナイロンジャージ、キャップ:ABS樹脂 ●製品サイズ/(約)幅38.5×長さ30.5×高さ13.5cm ●最大容量/3.7リットル ●耐熱温度/100℃ ●付属品/ネジ付きロート、予備パッキン ●日本製

どこで購入できるか、
どこで見られるか

カタログ通販及び自社オンラインショップ
商品サイト
ブランドサイト
商品紹介サイト

審査委員の評価

骨格を感じる形状がユニーク。機能とビジュアルがうまくアンサンブルしている。オレンジの色彩がポジティブな印象を与えるデザインで、「やわらかく そして あたたかい soft and warm」というコンセプトを上手く表している。

担当審査委員| 渡辺 弘明   川島 蓉子   工藤 青石   寺田 尚樹  

ページトップへ