GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2014

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
バス用ルアーロッド [ポイズン アルティマ]
事業主体名
㈱シマノ
分類
生活用の装身具、スポーツ用品
受賞企業
株式会社シマノ (大阪府)
受賞番号
14G010068
受賞概要
2014年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

バス用ルアーロッドに対する、シマノの技術力とジャッカルのノウハウをクロスオーバーさせたコラボレーション商品の第三弾(最上級機種)162L-Sは軽さと感度を更に追求したベイトフィネスロッド。170Mは軽さと感度を更に追求したクランキングロッド。172Hは軽さと感度、そしてパワーを更に追求したパワーゲームスペシャルロッド。

プロデューサー

株式会社シマノ 代表取締役社長 島野容三

ディレクター

株式会社シマノ デザイン室

デザイナー

株式会社シマノ デザイン室

発売
2014年4月
価格

76,000円

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

攻撃的軽量感、レーシー

背景

シマノ、ジャッカルのコラボレーションプロジェクトがスタートしてから4年。ポイズン 「グロリアス」「アドレナ」のリリースは市場に活性を与えてきた。また、この4年の間のトライアンドエラーの中でシマノの技術は着々と進化を重ね、フィールドでトップトーナメンターが求める、より高い次元の要求を可能にできるレベルに達した。本製品は現時点でのシマノの技術の粋を集結させた究極を目指すロッドとして企画された。

デザイナーの想い

実用性は勿論、レーシングカーの様なハイレスポンスな表現、何よりトーナメントシーンに存在するアングラー(ユーザー)マインド(戦闘意欲・高揚感)に寄り添う「右腕」的な存在となる商品を提案したかった。

企画・開発の意義

単に軽さや実用性だけではなく、「持てば人が変わる」ような気持ちを満たす商品の提案を狙った。

創意工夫

バスロッドの個性であるフロントスクリューナット部分の軽量化と攻撃的演出、実用性と加工方法、これらすべてのバランスを高次元で成就させなければならなかった点。

仕様

[162L-S] 全長1.88m 自重85g 継数1本 カーボン含有率99.9% [170M] 全長2.13m 自重105g 継数2本 カーボン含有率89.4% [172H] 全長2.18m 自重120g 継数2本 カーボン含有率99.6%

審査委員の評価

このような趣味性の高い分野で用いられるモノのデザインに関しては、一般的なデザインの価値観や指標で語るのが難しい事も多い。このロッドもその世界独特の感覚がその外観から見て取れるが、そういった事実を除かずとも技術力に裏打ちされた製品精度の高さや設計努力がモノの力となり、デザインとして評価できる。実際にグリップ感やバランス、ちょっとしたディテールまで微に入り細に入り丁寧にデザインされている。

担当審査委員| 廣田 尚子   小林 昭世   中坊 壮介   山田 遊  

ページトップへ