GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2014

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
スクーバダイビング用品 [ダイブデモ ソリス チタニウム]
事業主体名
株式会社ビーイズム
分類
生活用の装身具、スポーツ用品
受賞企業
株式会社ビーイズム (東京都)
受賞番号
14G010063
受賞概要
2014年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

ダイブコンピューターは、計画的なダイビングを行う上で必要なツールです。スクーバダイビングにおいて、潜水中の圧力の影響により、呼吸する空気に含まれる窒素が体内細胞に溶け込み、許容量を超えると減圧症を引き起こす原因となります。そのリスクを最小限にするため、深度と時間をモニタリングし、身体に溶け込んだ窒素を独自アルゴリズムにより常時計算。ダイバー自身が減圧症にかからない様、安全性を高める為にも重要な製品です。本製品はソーラーバッテリー駆動で刻々と変化する状況を的確に把握でき、耐食性に優れたチタン素材を採用した、長期間メンテナンスフリーのリストマウントタイプのダイブコンピューターです。

プロデューサー

野本 宏

ディレクター

小野 泰弘

デザイナー

小野 泰弘

詳細情報

http://www.bism.co.jp

発売
2014年5月1日
価格

125,000円

販売地域

国内・海外共通仕様

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

長期間メンテナンスフリーの高信頼性と、ダイバーが体の一部と感じられる装着感の実現。

背景

レジャー及び作業潜水での安全管理の重要性は高まっており、ダイブコンピューターは多くのダイバーにとって必要不可欠なツールです。テクノロジーの進歩により多機能化、操作性の複雑化が指摘されており、また電池消耗の早さも解決すべき課題でした。本製品はソーラーバッテリーと必要な機能を厳選したプログラム、耐食性に優れたチタン素材の組み合わせで永く愛用でき、環境にも優しいダイブコンピューターとして企画しました。

デザイナーの想い

ダイビングにおいて「装着のストレスをおぼえず体の一部と感じてもらえること」、日常使いにおいて「ダイビングの楽しさと持つ喜びを感じてもらえること」を具体化できたのではないかと考えております。

企画・開発の意義

チタンを本体ケースに採用することで、海中での使用にふさわしい耐食性と、電池交換、充電不要のソーラーバッテリー搭載で、高耐久性と高寿命を実現。レジャーからプロまで使用できる製品として開発。 特殊な環境下(海中)での使用が前提のダイブコンピューターながら、個々のライフスタイルに柔軟に対応するデザインを提案。

創意工夫

時計タイプのダイブコンピューターでは、世界初のソーラーバッテリーとともに、耐食性に優れたフルチタンケース、専用の耐水耐候性ウレタンバンドを採用しました。海中での操作性を考慮し、5ボタンに機能を配置しました。ケースデザインでは、日本人の腕に合うよう、耐圧強度を損なわないギリギリまで削り、曲面を取り入れシャープでありながらスリムに仕上げました。表面処理はIP加工で長期間の光沢を維持しました。シンプルなベゼルデザインと幅広のベルトは、海と自然を表現。コンパクトでありながら力強さと丈夫さを強調したコンセプトデザインとしました。

仕様

・ダイブコンピューター機能 ・時計機能 ・アラーム機能 ・LEDバックライト ・使用電池 二次電池 ・フル充電状態からソーラー発電無での状態の駆動時間:約1ヶ月 その他 ・ケース素材:チタン ・バンド材質:耐水耐候ウレタン樹脂 ・重量103g ・装着腕周長さ 150〜230mm(ダイビングスーツ対応) ・減圧理論/AA ビュールマン 16組織 ・体内区分/16コンパートメント

審査委員の評価

いわゆるダイビングウォッチとは一線を画す、ダイバーの身体を守るツールとしてのウェアラブルコンピュータである。チタン製のボディは堅牢で、ヘビーデューティーを絵に描いたようなデザインだが、決して無骨ではなくシンプルで好感が持てる。腕時計のファッション性を良い意味で究極まで削いだ先にある美しい存在感は、誠実な製品デザインの一つの理想を形にしている。

担当審査委員| 廣田 尚子   小林 昭世   中坊 壮介   山田 遊  

ページトップへ