GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2013

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
Pak Kad (Wall Art) [Pak Kad (Wall Art)]
事業主体名
CHOTEANAN LOHAKIJ CO.,LTD
分類
家具・インテリア
受賞企業
CHOTEANAN LOHAKIJ LTD.,PART (Thailand)
受賞番号
13T001175
受賞概要
2013年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

Considering the material sorting waste and scrap classification into categories like appropriation. Material primarily. For use in the design process. Patterns are repeated. The production of various types of stamping. And design patterns in combination with the contents of inspiration. save cost of materials, equipment and creative. The resident expert in the technical and welded steel required. Refinement and understanding of the beauty of art to blend together. With production up by hand. (Traditional industries).And powder coated color makes deburrer.

プロデューサー

CHOTEANAN LOHAKIJ LTD.,PART

ディレクター

MISS SARUTA KIATPARKPARK

デザイナー

MISS SARUTA KIATPARKPARK

詳細情報

http://www.pinmetallife.tumblr.com

発売
2013年5月3日
価格

8,500THB (Retail price 8500 THB or 280 $US)

販売地域

国外市場向け

設置場所

Construction in Thailand[RET]Sale in Thailand and America[RET]

受賞対象の詳細

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

unlimited creativity,Tolerance,Ambition,experience,Hardy,tough

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

Nature lover,positive thinking,upto date or intrend,addicted to art

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

availability and ability to create product

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

understand the society and environment that you live in and try to develop the society and environment for the better

ユーザー・社会に伝えたいこと

This product is created from scrapmetal which has no value to others but I see the value in it. I wish my products can inspire others to see unvaluable things....valuable.In other words,with one's imagination and inspiration,a beautiful and valuable products can be made.

どこで購入できるか、
どこで見られるか

facebook : www.facebook.com/Pin.metal.life

審査委員の評価

タイで廃棄された金属屑材料を利用して、繰り返しパターンの結合構成による、ウォールアート。タイの人と心から触発された形と自然環境と現代の時間が混合したユニークな創造物。ゆらぎを感じる独特な洗練美とパワーが共存している。陰影が美しい。

担当審査委員| 五十嵐 久枝   松下 計  

ページトップへ