GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2013

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
患者案内ソリューション [患者案内システム「NAVIT」]
事業主体名
株式会社富士通ゼネラル
分類
研究・教育・医療のためのサービス・システム
受賞企業
株式会社富士通ゼネラル (神奈川県)
受賞番号
13G141116
受賞概要
2013年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

患者案内システム「NAVIT」は軽量で見易く、消費電力の少ない電子ペーパーを核とした患者様の案内ソリューションです。病院内を通信エリアとすることで待合室に縛られることなく診察の進行状況が簡単に確認でき待ち時間のストレスを軽減します。また患者様のスムーズな案内はスタッフ業務の負担を軽減、医療機関の効率的な運営にも役立ます。

プロデューサー

情報通信ネットワーク事業部 事業部長 杉山正樹

ディレクター

空調機デザイン部 担当課長 古津英二

デザイナー

空調機デザイン部 塩田善宏

詳細情報

https://forum.fujitsu.com/2013/tokyo/exhibition/downloads/pdf/jp_medical02.pdf

利用開始
2014年3月
販売地域

日本国内向け

設置場所

医療機関

受賞対象の詳細

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

・画面が大きく、分かり易い事。・操作が簡単なこと。・きめ細かな案内配信により心的な不安を解消すること。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

・診察や会計待ちの時間の自由な使い方。・個別配信などによる患者プライバシーへの配慮。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

・案内、呼び出しなど患者様のオペレーションの効率化。・受付、精算業務の自動化。・患者様アメニティーの向上による医療機関の差別化。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

・NAVIT端末の省電力化(1回の充電で一週間の稼働を実現した)。・ペーパーレス化(病院内の部門受付や自動精算機で出力されるペーパーを削減)。・バッテリー、電子ペーパーの交換等によるNAVIT端末の長寿命化。

ユーザー・社会に伝えたいこと

労働人口の減少が社会問題となっている中、医療現場でもスタッフの不足などが深刻な問題となっている。ICT化はその解決策と期待が大きいが、ともすると患者様の視点が忘れがちになることがある。本システムでは医療機関の効率化はもちろん、患者様にとって本当に便利に、喜んで使ってもらえるシステムとなっているのか?と常に問いかけながら開発を進めた。

審査委員の評価

いつ順番がまわってくるのか・・・。病院での待ち時間に対するイライラ、不満、ストレスを、この患者案内システムは解決しようとしている。患者にとって、検査、診察、会計という流れが分かっていても、その進行状況はこれまで情報も、その確認方法も提供されてこなかった。この問題をこのシステムは改善しようとしている。将来的には、単なる患者案内機能を超えて、検査・診察・薬局・会計等の一連の院内業務の電子化と連動させ、患者期待と効率的医療業務とのインターフェースへと進化し、更なる患者満足の最大化に貢献することが期待される。

担当審査委員| 中谷 日出   池村 明生   林 千晶   吉田 順一  

ページトップへ