GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2013

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
オモテ サンドウ シャシン カン [オモテ サンドウ シャシン カン]
事業主体名
クリエイティブ・ラボ
分類
研究・教育・医療のための機器のインタラクションデザイン/公共のための機器のインタラクションデザイン
受賞企業
株式会社パーティー (東京都)
受賞番号
13G141107
受賞概要
2013年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

「オモテサンドウシャシンカン」は、七五三、成人式、結婚など、家族の肖像をフィギュアというカタチで残していく試みです。この展覧会における作品は、それぞれのフィギュアだけでなく、「3D写真館」というプラットフォーム(しくみ)全体です。3Dスキャナーと3Dプリンターなどの技術を活用したプラットフォームのデザインであり、その「試作」です。フィギュアの製作工程には、撮影や制作においていまだ様々な課題が挙げられ、価格もまだ少々高めです。現状の、工程と課題、フィギュアの完成度をここでご報告しました。また実際のサービスも体験いただけます。

プロデューサー

中村大祐(PARTY)、南郷瑠碧子(PARTY)、神宮広志(Engine Film)、千原秀介(Engine Film)

ディレクター

伊藤直樹(PARTY)、清水幹太(PARTY)

デザイナー

市塲啓太(PARTY)、今野千尋(PARTY)、石塚美帆(PARTY)、齋藤精一(Rhizomatiks)、石橋素(Rhizomatiks)

詳細情報

http://omote3d.com

発売
2012年11月27日
販売地域

日本国内向け

設置場所

EYE OF GYRE / GYRE

受賞対象の詳細

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

これまでの写真館では、2次元的な身体情報を記録することしかできなかった。OMOTE 3Dでは、全身を3次元で記録することが可能で、特にこれまで写真館では記録してこなかった、背後や横の情報を記録することができる。それによって、子供の身体的な成長の記録や、結婚式での着物やウェディングドレスの形状などをその都度記録することが可能になる。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

成人式、結婚式、七五三、出産など、家族の記念日に、思い出としてフィギュアを制作することができる。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

これまで工業用にだけ使われていた3Dプリンターと3Dスキャナーの利用価値が広がること。またホテル事業、結婚式事業、写真館事業などでの新規サービスとしてビジネスの創出を可能にすること。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

このフィギュアが必ずしも専用のスタジオで撮影する必要がなく、たとえば、岩とそこに座る人、木の枝を持った人など、環境に存在するモノと会わせて撮影することが可能である。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

OMOTE 3D SHASHIN KAN
OMOTE 3D SHASHIN KAN-award entry

審査委員の評価

3Dプリンターは急速に進化している技術領域であり、世界中で新しい活用法が模索されている。その先端技術を、「写真館」というコンセプトのもと、「フィギュアで思い出を残す」新サービスに結びつけ、専門家だけではなく、幅広く一般からアクセスできるようにした点が、仕組みのデザインとして秀逸である。また、3Dスキャンから造形までの技術基盤がまだ確立していない現在の状況で、半年以上の研究開発を重ねることにより、フィギュアの品質とサービスとしての完成度を高めたことが、驚きをもたらした。

担当審査委員| 中谷 日出   池村 明生   林 千晶   吉田 順一  

ページトップへ