GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2013

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
クラウド型会計ソフト [全自動のクラウド型会計ソフト「 freee(フリー)」]
事業主体名
freee株式会社
分類
ビジネスイノベーション、ビジネスモデル
受賞企業
freee 株式会社 (東京都)
受賞番号
13G131072
受賞概要
2013年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

全自動のクラウド型会計ソフト「 freee (フリー)」(http://www.freee.co.jp/)は、中小企業や個人事業主の経理業務を大幅に簡単にする全く新しい会計ソフトです。インストールは不要で、OSやデバイスを問わずインターネットさえあればどこでも利用できます。主な特徴は次の通りです。1. 自動:銀行やクレジットカードの情報を登録するだけで、口座の web 明細と同期して会計帳簿を自動で作成します2. 簡単:簿記の知識がなくても簡単に使えます3. 決算とレポート:経営状況が一目でわかるレポートや決算書が簡単に作成できます

プロデューサー

freee株式会社 代表取締役社長 佐々木 大輔

ディレクター

freee株式会社 取締役 横路隆

デザイナー

freee株式会社 代表取締役社長 佐々木 大輔

詳細情報

http://www.freee.co.jp

利用開始
2013年3月19日
価格

0 ~ 1,980円 (個人事業主プラン980円、法人プラン1,980円)

販売地域

日本国内向け

設置場所

オンライン・インターネット上

受賞対象の詳細

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

従来の会計ソフトでは、紙の領収書や請求書から手でデータを入力するプロセスが求められました。また、利用に際しては、複式簿記の知識が必要で、画面には、簿記用語が散りばめられていました。応募対象は、銀行やクレジットカードの明細データから自動で会計帳簿を作成でき、入力の煩わしさや誤入力がありません。また、簿記用語を使わないインターフェースなので、経営者であれば、簿記の知識なしに利用することができます。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

応募対象は、クラウド型のサービスであり、インターネットとブラウザさえあればどこからでも利用することができます。また、複数人で同じアカウントにアクセスすることで、協業することも非常に簡単になります。これにより、例えば経理の担当者は必ずしもオフィスにいなくても作業を行い、簡単に経営者と経理データを共有することができ、例えば家族と一緒にいながら仕事をするといったような新しい働き方を可能とします。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

経理の業務は、個人事業主や中小企業にとって大きな負担となっておりました。応募対象はデータの入力など経理業務の大部分を自動化しますので、経営者はリソースを、バックオフィスから本業にシフトすることができるようになります。また、応募対象は、OSやデバイスに依存せず、PC、タブレット、モバイルから利用可能であり、さまざまなデバイスを用いて場所を選ばず、経理業務を行うことを可能とします。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

入出金明細のデータから会計帳簿を作成できる応募対象は、従来の紙に依存した経理業務のスタイルを変革し、ペーパーレス経営への移行を促進し、環境にやさしい経営、紙の保存のためのスペースの節約に貢献します。

ユーザー・社会に伝えたいこと

起業の割合が最も低い国と言われる日本において、中小企業の経営者や個人事業主の方が、ご自身の本業や専門分野にフォーカスできる環境を提供することで、中小企業の経営を効率化し、起業に挑戦しやすい世の中を実現することは急務です。経理の自動化はこの中の第一歩として貢献できるものであると考えており、小さなビジネスの活性化による経済貢献や働き方の多様化に貢献したいと強く考えております。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

ウェブサイトにて提供
全自動のクラウド会計ソフト「freee(フリー)」
「freee(フリー)」公式ブログ
経営ハッカー

審査委員の評価

中小企業や個人事業主を顧客として、領収書と手入力(あるいは手書き)による仕組みとは異なる発想の会計業務で、特徴はweb上から取得できるデータをリンクして会計処理を行える(クラウド型)サービスである。これは中小企業等の会計作業のあり方を変え、従来の会計サービスのビジネスモデルに大きな影響を与えるであろう。

担当審査委員| 永井 一史   久保田 晃弘   紺野 登   田川 欣哉  

ページトップへ