GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2013

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
ワイヤレス接続機能 [ワンタッチ接続]
事業主体名
ソニー株式会社、ソニーコンピュータサイエンス研究所、ソニーモバイルコミュニケーションズ株式会社
分類
個人用機器、家庭用機器のインタラクションデザイン
受賞企業
ソニー株式会社 (東京都)
受賞番号
13G120988
受賞概要
2013年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

NFCを搭載したスマートフォンや、おサイフケータイ®対応Android™スマートフォンを、NFCを搭載したヘッドホンやスピーカーにタッチするだけで、Bluetooth®のペアリング(登録)や、接続・切断ができるワイヤレス接続機能です。技術的な知識を必要とせず、より多くのお客様がワイヤレス接続による利便性を享受できるようにしました。

プロデューサー

ソニー株式会社 UX・商品戦略・クリエイティブプラットフォーム UX・商品戦略本部

ディレクター

ソニー株式会社 UX・商品戦略・クリエイティブプラットフォーム クリエイティブセンター 今村誠

デザイナー

ソニー株式会社 UX・商品戦略・クリエイティブプラットフォーム クリエイティブセンター 堀健太郎、津田崇基、高橋一馬、池永隆

詳細情報

http://www.sony.jp/soundpremium/onetouch/

発売
2013年2月
販売地域

国内・海外共通仕様

受賞対象の詳細

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

ワンタッチ接続は、機器と機器を触れ合わせるだけの直感的かつシンプルな作法で操作できます。これまでのBluetooth®やWi-Fiを利用したワイヤレスな機器連携は、事前設定の複雑化により知識がなければ扱えないものが多くありましたが、ワンタッチ接続は技術的な知識を必要とせず、より多くのお客様がその利便性を享受できるようにしました。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

タッチする行為が習慣化し、技術的な仕組みを気にすることなくお客様のやりたいことができるようになれば、より快適なライフスタイルの実現につながると考えます。たとえば、モバイル機器で聴いていた音楽をワンタッチでスピーカーに流したり、モバイル機器で撮った写真をワンタッチでテレビに映して皆で楽しむなど。生活をより心地よくするために、ソニーの製品全体へこの機能を広げられるよう継続して取り組んでいきます。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

従来からあるBluetooth®やWi-Fiなどの技術をNFCと組み合わせ、タッチする行為に変換することで、より多くのお客様が使えるようにすることは、今ある技術の有益性を更に高めていると考えます。さらに、ワンタッチによる視聴や共有、バックアップ、リモートコントロールなど、さまざまな利用法と結びつけることで、NFCをはじめとする関連技術の需要拡大、ひいては産業の発展に貢献できると考えています。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

タッチする行為が日常生活に定着すれば、操作を説明するための複雑な取扱説明書やサイトを製作する必要がなくなり、説明するための人材、さらにはお客様自身で調べるための時間なども含めたコミュニケーションコストの大幅な削減につながります。また言語による説明も不要となるため、世界中のより多くの人々が機器連携による利便性を享受できる大きな可能性を持っています。

ユーザー・社会に伝えたいこと

技術の発展とともに生まれてきている様々な機能を使いこなす知識がなくても、それらの機能による新しい体験や利便性を享受できるようにソニーはワンタッチ接続を開発しました。社会の仕組みのなかで複雑になりすぎているものをもう一度見直し、よりシンプルで分かりやすい社会にしていく、一つのきっかけになればと考えています。

審査委員の評価

スマートフォンからの音声出力を無線接続でスピーカーから出したい場合、従来はBluetoothの設定をしてペアリングする必要があった。しかしこのワンタッチ接続を使えば、NFCの機能を使い、スマートフォンとスピーカーを近付けるだけでペアリングしてくれる。つまり、タッチするだけで自動的に音声出力がスピーカーからに切り替わるのだ。同様に、スマートフォンの画面をテレビから出したい場合はテレビのリモコンにタッチするだけで、画面をテレビの大画面にミラーリングしてくれる。このように、タッチするだけでペアリングしてくれるという手軽さが魅力的である。

担当審査委員| 暦本 純一   江渡 浩一郎   中村 勇吾   日高 一樹  

ページトップへ