GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2013

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
CitySwitch 出雲 [CitySwitch 出雲]
事業主体名
CitySwitch Japan/出雲建築フォーラム
分類
街づくり、都市づくり
受賞企業
CitySwitch Japan (東京都)
出雲建築フォーラム (島根県)
受賞番号
13G110961
受賞概要
2013年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

CitySwitchとは、複数の都市をつなぐ建築家や都市計画家の交流を通じ、都市デザインのアイデアや経験を交換し、都市の再生を考えていくプロジェクトである。多都市・多地域で、学生・市民との学びと実践を一続きのプログラムとして捉えることを特徴としている。主要な活動地域である島根県出雲市では2008年より開始し、出雲大社のある大社地区、江戸時代の建物や造り酒屋、醤油屋が残る木綿街道地区、駅前商店街地区、それらをつないでいる一畑電車を中心にそれぞれのエリアで、現在に至るまで継続した活動を行っている。

プロデューサー

CitySwitch Japan 山代悟+出雲建築フォーラム 江角俊則

詳細情報

http://cityswitch.jp/

活動開始日
2008年8月
販売地域

日本国内向け

設置場所

島根県出雲市

受賞対象の詳細

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

建築や都市計画、まちづくりを学んでいる学生や講師のアイデアを、異なる専門や文化的背景、言語をもつ参加者同士や地域の人にも分かりやすく伝えるために、実際のまちの中の空間でインスタレーションやイベントを行ったり、ビデオといったプレゼンテーションの手法を使うことで視覚的、感覚的に分かりやすいようなかたちでアイデアを表現している。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

その地域のことを地域の中の人だけで考え、解決するのではなく、他の地域で文化的背景が違う人や専門的知識をもった若い世代を含めて議論し、実践することによって広い視野をもったまちづくりのアイデアを生み出している。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

全国や海外から集まった参加学生や参加講師らが素晴らしいアイデアをつくっていても、1年に1回のワークショップでは地元にとってはイベントごとになってしまうため、ワークショップで出たアイデアについて政策提言、企画運営、事業を地域で起こす等の持続的な活動につながるサポートを行っている。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

出雲市での活動の経験を活かし、オーストラリアのニューカッスル、中国の大連、インドネシアのバンダ・アチェ、静岡県清水市といった国際的、他地域へも活動を展開し、アイデアや人の交流・交換を行っている。

ユーザー・社会に伝えたいこと

同じ様な課題を抱える地方都市に対して、今後20年、30年先を見据えて学生などの若い世代や地域住民自らが課題に対して取り組み、解決に向けての実践的な取り組みの可能性について考えていきたいと思います。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

島根県出雲市大社町神門通り /美談駅/木綿街道エリア等
CitySwitchの活動紹介ホームページ
木綿街道振興会のホームページ

審査委員の評価

どの地方都市にも、地域の特性はあるにせよ同様な課題があることに注目。国内外の建築家、学生、市民らが中心となり継続的に活動を展開していることを評価した。今回は出雲市のみの提案だが今後の都市連携、活動の拡張を期待したい。

担当審査委員| 南雲 勝志   廣村 正彰   横川 正紀  

ページトップへ