GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2013

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
木のものづくりによる山や森の保全 [YAMAMORI PROJECT]
事業主体名
LCS
分類
街づくり、都市づくり
受賞企業
LCS (山形県)
受賞番号
13G110959
受賞概要
2013年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

山形県は日本一のブナ原生林をもつ森林率72%の森林県であり、人と山が密接にかかわりながら自然に寄り添った生活が育まれてきた。しかし近年、その関係の希薄化や県産材の需要の減少などにより山に人の手が入らなくなり、森林環境の悪化が急速に進んでいる。このプロジェクトは、林業/製材業/木工業等にかかわる人たちを訪ね、紹介しながらものづくりの循環のしくみをつくること、そこから一般の人が日常で使える商品を開発すること、身近な山や森を舞台に、土地の木やものづくりに親しめる「体験ツアー」を開催することを通して、これからの山や森、県産材と人の新しいかかわり方を考え、実践していくものである。

プロデューサー

LCS 須藤修、井上貴詞

ディレクター

LCS 須藤修、井上貴詞

デザイナー

LCS 須藤修、井上貴詞

利用開始
2012年4月1日
販売地域

日本国内向け

設置場所

山形県

受賞対象の詳細

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

木のものづくり体験ツアーYAMAMORI TRAVELでは、県産材を使った体験教室のほか、その土地の歴史的な話や森林ガイドを伴った山や森の散策、地元の食材を使ったランチやお菓子など、一日の中で多彩な体験ができることで、幅広い参加者に楽しみながらわかりやすく木の魅力を伝えている。県産材を使った商品開発YAMAMORI GOODSでは、一般家庭の日常生活に取り入れやすいものを中心に製作を行っている。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

県産材でつくった商品を各家庭で使ってもらうだけでなく、身近な山や森に親しめる体験ツアーをおこなうことで、素材の現場である山や森に少しでも興味を持ってもらい、自分たちの生活により身近なものとして認識してもらえる機会を提供している。また新しい山の楽しみ方を提案するとともに、「木育」として、子どもから大人までがあらためて木のことを楽しみながら学ぶ機会を提供している。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

県内の林業/製材業/木工業にかかわる人たちを訪ねてできた人のつながりと、それを活かして県産材を使った商品開発を行うことで、地域における新たなものづくりの仕組みが生まれている。また県内の木にかかわる職人を講師にした体験教室や工房見学によって、作り手と使い手を直接つないでいる。木製のカッティングボードなどは、地域の食文化ともつながり、単なるものづくりにとどまらず他の産業への波及も期待される。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

特に近年身近な存在ではなくなった地域の山や森に対し、そこに住む人たちが関心を寄せることが大事である。YAMAMORI TRAVELは、そうした機会を提供するとともに、自然の中での知らない者同士のコミュニケーションの場としても非常に有効である。体験ツアーにおける各講師は基本的に地元の方にお願いしており、素材や技術だけでなく、地域固有の文化や歴史に触れながら見識を深める場となっている。

ユーザー・社会に伝えたいこと

YAMAMORI PROJECTは、四方を山々に囲まれた日本有数の森林県である山形県において、関係が希薄になりつつある山と人の新しいかかわり方を考え、実践していく活動である。県内の木にかかわる人のつながりや県内の木を使ったものづくり、そして身近な山や森を舞台にした体験ツアーなどを通して、これからの地域を担う若い人たちをはじめ多くの人に、普段のくらしの中で地元の木を取り入れてほしいと考えている。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

山形県内
YAMAMORI PROJECT ホームページ
YAMAMORI PROJECT Facebookページ

審査委員の評価

山や森、里山が人間生活に欠かせない、掛け替えの無い存在であることを我々は改めて気づき始めている。しかしながら一度悪化した森林環境は簡単に元には戻らない。林業の問題を関係者だけに委ねるのではなく、より多くの人々と共有し、先人達が行ってきた自然と人間のいい関係を再び取り戻そうというこの活動は今後日本全域に広がって行くであろう。活動を持続するために地域独自の技術やデザイン、さらに商品作りを目指して欲しい。

担当審査委員| 南雲 勝志   廣村 正彰   横川 正紀  

ページトップへ