GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2013

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
株式会社夜明け市場 [復興飲食店街夜明け市場 起業家支援プロジェクト]
事業主体名
株式会社夜明け市場
分類
街づくり、都市づくり
受賞企業
株式会社夜明け市場/NPO法人TATAKIAGE Japan (福島県)
受賞番号
13G110955
受賞概要
2013年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

2011年11月、飲食事業を通して震災後の新たなまちづくりの拠点となるべく、JRいわき駅近くの古いスナック街が「復興飲食店街 夜明け市場」として生まれ変わりました。「明けない夜はない」を合言葉に、被災した店主や、これを機にU・Iターンした若者などが集まり、空き店舗をリノベーションして事業を始めたのです。2013年現在、出店数は11店舗となり、地元の方から復興事業に携わる県内外の方まで多くのお客様に利用して頂ける場所となりました。そして今、飲食に限らず、福島のあらゆる問題解決に向けて行動できる人財を育てようと、NPO法人を立上げ、コワーキングスペースの運営を核とした起業家支援事業に着手しました。

プロデューサー

株式会社夜明け市場 代表取締役 鈴木 賢治/取締役 松本 丈

ディレクター

株式会社コスモスモア 高田 祐一

デザイナー

畑 克敏

詳細情報

http://www.touhoku-yoake.jp

利用開始
2011年11月4日
販売地域

国内・海外共通仕様

設置場所

福島県いわき市

受賞対象の詳細

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

小さいスケールの飲食店が集積した小路では、郊外型店舗やショッピングモールにはない雑多な感じ、もっと奥まで入ってみたくなる気持ち、歩く楽しさなどを提供できると考えています。さらにその通りの一角から2階に登ると、起業家の卵が育つための洗練された開放的な空間が広がり、そのギャップが身体で感じる体験として変化に富んだ面白さを産んでいます。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

カウンターしかないような小さな飲食店では、店のスタッフやお客様同士の距離が近いことで、自然と会話が生まれて仲良くなったり、プライベートでも活動を共にするような、単なる飲食事業の枠を超えたコミュニティをつくることができます。また、駅前という好立地で県内外からも東北復興という共通の目的を持った人財が集まるハブとなっているため、全国規模で人との出会い・コミュニティ形成にも繋がっています。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

全国にあるシャッター街の再生モデルとして、集積体ビジネスのヒントを提供できると考えています。単なる個人商店の集まりで商店街を組織するこれまでのやり方とは違い、事務局機能を別に組織してその活動費を各店に分担して頂くモデルは、各店からのプレッシャーもありますが、全体のブランディングにかけられる労力があり、魅力づくりを集中的に加速させることができます。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

飲食事業からスタートした多職種の起業家支援施設として、ここから東北の課題を解決するプレーヤーを多く輩出することができれば、社会に与えるインパクトは大きいと考えます。また、夜明け市場を卒業した方が街にはみ出し、空きテナントで活動をし始めるようになれば、まちづくりのハブ施設として地域に貢献することができます。

ユーザー・社会に伝えたいこと

いわき市は、震災に関する問題だけでなく、地方都市の抱える様々な問題も山積した、いわば「課題先進地」です。ここ「夜明け市場」は、被災店舗の再開の場としてはもちろん、飲食を通じて幅広い利用者層に安らぎやコミュニティの場を提供し、今後は魅力あるまちを共に作っていくプレイヤーの育成にも力を入れていきたいと思っています。是非、実際に足を運んでいただければ励みに思います。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

福島県いわき市平字白銀町2-10
夜明け市場ホームページ
夜明け市場facebook
NPO法人TATAKIAGE Japan facebook

審査委員の評価

震災をきっかけとして地域活性を目的に立ち上がったプロジェクト。街の活性化はそこに働く人たちの活気をつくる事が何より重要であろう。この活動自体が時を経て成長を続けているだけでなく、単なる店舗の誘致に留まらずコワーキングスペースを核に新たな人財の発掘、活動支援をおこなっている。今後は更に場の領域を超えた拡がりのある活動へと進化していってほしい。

担当審査委員| 南雲 勝志   廣村 正彰   横川 正紀  

ページトップへ