GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2013

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
サービス付き高齢者向け住宅 [東急ウェリナ旗の台]
事業主体名
東急ウェルネス株式会社
分類
住宅・住宅設備
受賞企業
東京急行電鉄株式会社 (東京都)
東急ウェルネス株式会社 (東京都)
受賞番号
13G090876
受賞概要
2013年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

本施設は、「水・緑・光・風」を設計コンセプトのキーワードとして、デザイン化されたインテリア(内部空間)と庭園(外部空間)の融合により季節感や時間の移ろいの中に身をゆだね、癒しと潤い、安らぎのあるシニア住宅のライフスタイルを提供している。2,300平米の敷地における施設の中心に中庭を設え、その周囲にダイニング等の共用部を配置し、室内の吹き抜けとの有機的な空間のつながりにより、視線の開放感と適度な人間関係の距離感が確保され、見守りの安心感と居心地の良さを具現化している。また、ラウンジ南側庭園、屋上庭園では、花・果実・紅葉による季節感と園芸療法も可能なガーデニングスペースがある。

プロデューサー

東京急行電鉄株式会社+東急ウェルネス株式会社

ディレクター

有限会社松鹿設計製作所

デザイナー

株式会社フィールドフォー・デザインオフィス

詳細情報

http://www.tokyu-welina.jp/hatanodai

利用開始
2012年12月
販売地域

日本国内向け

設置場所

東京都品川区旗の台二丁目12番1号

受賞対象の詳細

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

高齢者の身体機能低下防止や低下後のサポートを考慮した生活空間の設えをハード・ソフトの両面から検討した。看護師による健康管理や健康相談、機能訓練指導員による機能維持サポートにより、自立した生活の継続を目指す。介助が必要となった場合には、リフト浴利用や食べやすい食事の提供を行う。また、住居専有部の中では、ベッドから直接トイレ付き洗面室へのアプローチ動線を確保することで生活負担を軽減している。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

生活リズムセンサーやナースコールを専有部に設置し、スタッフが24時間体制で安否を確認し、看護師や機能訓練指導員のサポートを受けられる。このような安心が提供されているからこそ、入居者それぞれが自分スタイルで暮らしを楽しむ事が可能であり、ダイニングでの旬の素材を活かした食事、暖炉のあるラウンジでの寛ぎ、ホールでのアクティビティ、庭園での四季の花木の鑑賞と、様々な生活シーンで潤いと彩りを感じられる。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

本施設の様な質の高いシニア住宅が認知され利用実績が高まることにより、超高齢化社会における高齢者の自立支援、医療・介護負担の軽減が可能となる。今後の高齢化に対応すると同時に街づくりの住宅施策の観点からも住み替え促進、若年層の流入強化が図られ、地域内の世代バランスの調和と街づくりの再生・活性化が可能となる。これにより、健全な経済活動の支援にも繋がるものと考えている。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

本施設では、周辺環境との調和を図る様々な施策を通して生活空間としての快適性向上につながる事を目指している。近年の猛暑日増加に対応して、バルコニー天井にすだれが掛けられるフックの設置、庇のない開口部面にLOW-Eガラスの採用、屋上部分に緑化とウッドデッキの敷き込みにより断熱性能の向上を図った。また、点灯時間の長い共用部照明にはLEDを採用した。建物周囲には歩道上空地として歩行者に公開している。

ユーザー・社会に伝えたいこと

当施設での生活が人生最終章を充実させる事に繋がるように、ハード・ソフト両面から多くのサポート体制があります。また、当施設を拠点に入居後も外部との接点を保ちながら社会参加も可能です。今後のシニア住宅での生活をお考えの方には、是非選択肢の一つとして、当施設を検討対象に加えていただければ幸いです。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

東京都品川区旗の台二丁目12番1号
東急ウェリナ旗の台

審査委員の評価

高齢者の身体レベルは年齢によらずそれぞれであり、こうした住宅ではその異なる状況にある人々が適切なサポートを受けながら、しかも居住者間の距離もとりながら生活できるような工夫が必要である。その意味では、一階の共用空間が中庭を介することで適度な解放感と距離感をつくっているように見える。また、デザインも施設の殺伐がなく、逆に高齢者向けに媚ることもなく、良質な住宅として計画されている点も好感がもてる。

担当審査委員| 難波 和彦   篠原 聡子   手塚 由比   古谷 誠章  

ページトップへ