GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2013

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
集合住宅 [ザ・ロアハウス代々木初台]
事業主体名
株式会社コスモスイニシア
分類
住宅・住宅設備
受賞企業
株式会社コスモスイニシア (東京都)
受賞番号
13G090859
受賞概要
2013年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

産学民協同研究COCOLABO2011にて、東京藝術大学・東京電機大学・共立女子大学と「重層長屋の研究」を実施。相続税対策等の理由により都市部で増加している再建築がしにくい異形の狭小宅地において、都市に暮らす可能性を探り、さらに豊かな居住空間を創造することをテーマに取り組みました。本プロジェクトではその研究で生まれた空間性を具現化させています。長屋ゆえの各住戸間、路地と住戸とのプライバシーの関係性の検討。住空間においては、平面・立体の様々なバリエーションと可能性を追求しました。個性的なユニットが重なり合い、程よい集住のカタチを都市の中で実現しています。

プロデューサー

株式会社コスモスイニシア

ディレクター

東京芸術大学 元倉研究室 元倉真琴教授+東京電機大学 山本圭介空間デザイン研究室 山本圭介教授+共立女子大学 堀研究室 堀啓二教授+MTVS 真壁智治+株式会社コスモスイニシア一級建築士事務所/コスモスデザイン

デザイナー

山本・堀アーキテクツ

詳細情報

http://www.cigr.co.jp/pj/row-house/

利用開始
2013年8月
販売地域

日本国内向け

設置場所

東京都渋谷区初台

受賞対象の詳細

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

立体的に展開された住戸プランでは、視線の変化を楽しめる生活が期待できます。また、路地と開口部と室内空間の関係性について研究した成果を反映し、プライバシーの保護と室内環境の向上を目指したことにより、快適な都市居住環境を実現しています。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

重層長屋という形態をとることで、都心でも適正な価格で購入でき、かつ豊かな空間性をもつ住宅を実現しました。また、マンションとは異なる、路地空間から繋がる新しいコモンコミュニティーの発生が期待できる環境を提供しています。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

本プロジェクトでは、相続税対策等により発生してしまう異形の狭小地の活用方法として、快適で豊かな住まいを適正な価格で提供できる新しい都市居住、という一つの解を提示できたと考えます。未利用地の活性化が図られ、都市の新陳代謝が促進されるためのプロトタイプとなることを期待します。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

都市部の活用価値の低下した異形・狭小敷地に新たな活用価値を創造し、職住近接を望む都市居住者へ豊かで新しい住まいとコミュニティを提供します。

ユーザー・社会に伝えたいこと

多様化する「住まうこと」に対して、様々な解を求めていくこと。都市の新陳代謝を円滑に進めていくことに取り組みました。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

COCOLABO あなたと考える新しい住まいの研究室。

審査委員の評価

東京に無数にある細分化された不整形な土地の活用方法に対して、産学共同の取り組みとして「重層長屋」を研究し、その成果が実作となるというプロセスは、新しい都市居住のプロトタイプを探る試みとして評価できる。実作も、コモンとなる路地と住戸への階段が多様に組み合わされ、独創的な空間構成が実現している。また、住戸プランも立体的に思考されており、既成のnLDKレイアウトにとらわれない新しい提案がある。

担当審査委員| 難波 和彦   篠原 聡子   手塚 由比   古谷 誠章  

ページトップへ