GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2013

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
集合住宅 [パークシティ武蔵野桜堤桜景邸]
事業主体名
三井不動産レジデンシャル株式会社
分類
住宅・住宅設備
受賞企業
三井不動産レジデンシャル株式会社 (東京都)
受賞番号
13G090854
受賞概要
2013年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

武蔵野の緑園を受け継ぎ、継承する、環境価値創造レジデンス■受継:隣接するパークシティ武蔵野桜堤と合わせて約3.5haの一体開発地に、敷地内の既存樹を極力残す計画として、武蔵野らしい森園風景を受け継ぐ。■継承:仙川護岸工事と連携して歩道上空地を整備し、そこに既存および新木の桜並木を形成することで桜堤らしい風景を未来に継承。■コミュニティーデザイン:外観は周辺環境との調和を意識し、内と外を遮断しない凹凸形状とした。共用部はパークシティ武蔵野桜堤と一部相互利用を可能とし、ファミリー想定の施設やシェアリングサービスを設けることでハード・ソフトの両面で永く愛され、住み続けられるデザインとした。

プロデューサー

三井不動産レジデンシャル株式会社 開発事業本部 都市開発二部 部長 村 裕太

ディレクター

株式会社長谷工コーポレーション 年友 涼祐、渡嘉敷 健+デザインアーキテクト:光井純&アソシエーツ代表取締役 光井 純

デザイナー

デザインアーキテクト:光井純&アソシエーツ 西野 隆夫、緒方 祐久、山野 太道

利用開始
2013年3月22日
価格

4,600万円台 (最多販売価格帯)

販売地域

日本国内向け

設置場所

東京都武蔵野市桜堤二丁目8番55

受賞対象の詳細

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

居住者様の生活を支援するシェアリングサービスとして、電動レンタサイクル・ブックライブラリー・バーベキューセット・スポーツ用品・日曜大工用品・アウトドア用品など多彩なラインナップを提供している。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

穏やかな日常生活に欠かせない、各邸のプライバシー強化の取り組みとして、4邸にひとつの割合でエレベーターを設置し、玄関先のプライバシーに配慮した。また、玄関は住戸内を直接見通せない横入りタイプを採用するとともに、通風と採光に優れたパッシブウィンドウを設けた。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

パークシティ武蔵野桜堤と桜景邸はそれぞれ別管理組合での管理であるが、両建物の共用部を一部相互利用可能とすることで、両敷地を有効活用するとともに、両物件一体でのコミュニティ醸成に寄与している。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

敷地内に残した既存樹と多数の新木、そして東西にわたるシンボリックな桜並木によってこの地に武蔵野の森園を受け継ぐことは、居住者様へ緑に抱かれる安らぎもたらすとともに、既存樹がその寿命を迎えたとき、過去から受け継いだ風景を後世に継承する地域環境への貢献につながっている。

ユーザー・社会に伝えたいこと

本敷地には既存の老木とこのたび植えられた若木があり、この木々がこれからの武蔵野の風景を継承していきます。いまの若木がいずれ大木となって風景を継承するのと同様に、この環境価値に共感いただき本マンションにお住まいになられる方々の生活が、この地に馴染むことで新しい武蔵野の風景をかたちづくっていくことを心より願っております。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

パークシティ武蔵野桜堤桜景邸 インフォメーションサロン
http://www.31sumai.com/mfr/X1003/

審査委員の評価

「武蔵野の森との共生」をテーマに掲げ、既存樹木を極力残して武蔵野らしい風景を継承しようとしている点が評価できる。新規にも桜を植えたりすることで、桜並木を再生させ、桜堤らしい風景を復活させているのも良い。敷地の持つ環境資産を保全し、受け継いでいくことは事業主の非常に重要な役割であると思う。住戸についてももう少し詳しい説明が欲しいところである。

担当審査委員| 難波 和彦   篠原 聡子   手塚 由比   古谷 誠章  

ページトップへ