GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2013

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
ライフスタイル提案型規格住宅 [intelligent cube [ i ; C ]]
事業主体名
E-HOME
分類
住宅・住宅設備
受賞企業
丸山建設株式会社E-HOME (愛知県)
受賞番号
13G090812
受賞概要
2013年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

モダンで知性漂う無駄のないスクエアなフォルムの規格提案型住宅「i;C」。プランを選択し、購入して住むだけでスタイリッシュなだけではなく、エコロジーでエコノミー。「最小限だけれど豊かな暮らし」を創造します。限定的な規模の建築を前提とし。資源消費・残材排出量・それらの輸送時のCO2排出量そしてライフサイクル上の冷暖房による燃料消費をも抑え、環境だけでなく基礎的な家計への負担も軽減。絶対的な空間の制約は「良い物を必要なだけ」という価値観を養います。また、内部の設備仕様はデザイン・品質共に高水準な物を採用。量より質を求める成熟した価値観が未来の資源や環境を守るライフスタイルへ繋がります。

プロデューサー

丸山建設株式会社 代表取締役社長 丸山信秀

ディレクター

丸山建設株式会社 企画室 西川悠

デザイナー

丸山建設株式会社 企画室 西川悠

詳細情報

http://www.e-home.tv/

発売
2010年4月
価格

9,970,000 ~ 12,970,000¥ (2013年4月現在の価格。プランタイプによって販売価格は異なります。)

販売地域

日本国内向け

設置場所

愛知県・岐阜県・三重県(2013年現在)

受賞対象の詳細

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

よくある住宅購入時の煩雑な色や仕様決めに掛かる手間はユーザーが特殊な事を要望しない限りは最小限。選べないのではなく、「素」の仕様のままでも、こだわって選んだオーダーメイド住宅レベルの建材や設備仕様を標準装備しており、建売住宅のお手軽感とは一線を画す満足感をも提供します。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

最低限かつ充分な規模の住まいを購入する事は、建築価格そのものを抑えるだけでなく。冷暖房費やメンテナンスコストなどのランニングコストにも寄与する可能性が高い。また限定的なライフサイズとなり、家電や日用品にもスペース的な制約の中、厳選した品物を必要なだけ購入するという消費行動へ繋がる効果も期待できる。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

複雑な機構や仕組みを研究開発したり・導入する事などが無くても、新たな販売方法や商品の価値を生み出す事は可能である。「i;C」は、それを体現する商品だと思います。実際にコンセプト立案からプランニング、仕様の決定、原価計算、販売方法、広告戦略、カタログ作成まで、ほぼ一人で開発を行っています。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

生活的視点でも述べた様に、規模が限定的な建築である為。建築資材の使用量の少なさによる、森林などの資源保護。残材・廃材の量も比例して減少が見込める。そしてそれらを運搬するCO2の排出量の減少にも繋がる。「ダウンサイジング≒惨め」ではないという価値観の社会を形成する一助になれれば幸いです。

ユーザー・社会に伝えたいこと

i;Cには購入されたユーザーさんの生活そのものがスタイルとなり、そのスタイルへの憧れから次のi;Cユーザー創出へ…。という想いも込められていますが。個人的には同様なコンセプトを持ったフォロアー的な商品が他者から生まれてくる事を強く望んでいます。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

E-HOME(丸山建設株式会社)
E-HOMEの公式ウェブサイト。こちらからお問い合わせください。

審査委員の評価

非常にコンパクトな住宅でありながらもチープさを感じさせない質の高い住宅が実現できている。住宅の大きさを絞ることが、省エネルギーにつながること、そして良いものを必要なだけ持つというライフスタイルへと住む人の意識を変えることにつなげている点が興味深い。水廻りなどの住宅設備も良く厳選してあることがうかがえる。

担当審査委員| 難波 和彦   篠原 聡子   手塚 由比   古谷 誠章  

ページトップへ