GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2013

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
注文住宅 [VITA HEIM]
事業主体名
株式会社日立ライフ
分類
住宅・住宅設備
受賞企業
株式会社日立ライフ (茨城県)
受賞番号
13G090807
受賞概要
2013年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

【新発想の規格型住宅「VITA HEIM」】・162パターンのプランバリエーションからカスタマイズできる規格型住宅。・家族のコミュニケーション促進と家事効率を考えた空間設計。・家族の成長、ライフスタイル変化に対応するスケルトンインフィルも採用。・長期優良住宅の品質をリーズナブルなプライスで提供。・パッシブデザインの採用、エコロジーで快適な基本設計。・茨城県の生活者への市場調査に基づいて震災後の顧客ニーズを商品化。

プロデューサー

株式会社日立ライフ

ディレクター

株式会社日立ライフ

デザイナー

株式会社日立ライフ

詳細情報

http://www.house-plaza.net/order/products/vita_heim/index.html

発売
2013年4月
価格

1,890 ~ 2,197万円

販売地域

日本国内向け

設置場所

茨城県ひたちなか市石川町27-18(モデルハウス)

受賞対象の詳細

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

【快適空間のカスタマイズと安心、安全の両立】 予め用意されたプラン集から1つのプランを選ぶ従来の規格型住宅とは違い「VITA HEIM」では施主が欲しいと思う空間パーツをセレクトして間取りをカスタマイズできる商品とした。またスケルトンインフィル採用により、家族やライフスタイルの変化にも対応。市場調査で住宅の長寿命化を望む声が多かったことから、耐震や省エネに優れた長期優良住宅仕様の木造住宅とした。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

【コミュニケーションと家事効率を考えた空間提供】 生活者の大きな関心事が「家族のコミュニケーションを図ること」「家事の効率化」という調査結果を踏まえ、玄関周りの間取りを「土間」「書斎」「収納スペース」から選べるようにした。例えば「土間」は趣味を通した親子のコミュニケーションの空間、雨の日には洗濯干し場にもなる。キッチン裏には大容量収納スペースを設計。家族の交流とミセスへの優しさの両輪で設計した。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

【日立グループのノウハウを地域のために活かす】 日立グループのノウハウを結集し、日立グループ発祥の地でもある茨城県の生活者のために「世代を超えて住み続けられる住まい」を提供する。長期優良住宅仕様をはじめとした高いレベルでの商品クオリティを、この地域の生活者が求める価格で提供するために、日立ライフの技術ノウハウに加えて、地元工務店をはじめとしたアライアンス企業とも積極的に連携し、価格低減を図った。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

【自然をコントロールする設計】 外観は白を基調にしたシンプルなボックス型とし、内装では木の質感を活かした。南側の軒を深くすることで夏は室内に入る強い日差しをカットし、冬は温かい光を室内に取り込む。リビング上部を吹き抜けとし、家全体の採光と通風も考慮。パッシブデザインの採用により、太陽光と風をコントロールでき、エアコンなどの設備機器をできるだけ使わない「四季を通じて快適に暮らせる住宅」を設計した。

ユーザー・社会に伝えたいこと

【自分らしさを表現するオンリーワンの家づくり】iPadのプランシミュレータで空間パーツを選び、自分の家を楽しく自由にカスタマイズできる「VITA HEIM」。スケルトンインフィル設計やパッシブデザインなど先進の品質と安心で確かな建物構造、省エネ性能もそなえた長期優良住宅仕様の規格型木造住宅です。家族の成長やライフスタイルの変化にあわせて、いつまでも家族の満足を叶える夢のマイホームを実現します。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

ひたちなか支店(ひたちなか市石川町27-17)、日立支店(日立市城南町4-1-10)
日立ライフの家

審査委員の評価

深い軒のある飾り気の無いシンプルな外観が美しい。内部も木の質感を生かしたシンプルなインテリア。プランも多様なライフスタイルに対応できるように多くのバリエーションがあり、住み始めた後もライフスタイルの変化に合わせて変更できるように考えられている点も評価できる。色々な意味で過不足の無い、世代を超えて住み続けられる住宅が実現されていると思う。

担当審査委員| 難波 和彦   篠原 聡子   手塚 由比   古谷 誠章  

ページトップへ