GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2013

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
マンションリノベーション [リノベッタ プロジェクト]
事業主体名
リノベッタ推進協議会
分類
住宅・住宅設備
受賞企業
株式会社アイ・デイ・ケイ・デザイン研究所 (大阪府)
受賞番号
13G090795
受賞概要
2013年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

戦後の集合住宅として多く建てられた、2DKや3LDKといった一般的なマンション(約60〜70平米)の間取りを一度白紙に戻して、リノベーションすることで、家族構成、生活環境の変化など、老若男女を問わず、それぞれのライフスタイルに対応できる快適な住まいとこれからの暮らし方の提案。

プロデューサー

喜多 俊之

ディレクター

喜多 俊之

デザイナー

喜多 俊之

詳細情報

http://www.renovetta.com

利用開始
2012年10月
販売地域

日本国内向け

設置場所

未定

受賞対象の詳細

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

在宅介護についての考慮がなされています。床面に凹凸をなくし、車椅子及び歩行器などの使用が容易です。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

住宅の中央にキッチン及び大きなテーブルが配置出来るレイアウトで家族のほか友人・知人もの人も集える空間。コミュニケーションを重視したレイアウトを採用。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

日常の暮らしに外からの来客や、季節の行事を自宅で展開できることなどから、このコンセプトの住居による伝統産業の復興や住環境産業の活性化など。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

この住居のコンセプトを一般化することによって、家族単位での交流が地域や社会にコミュニケーションの活性化によって地域や社会の活性化が図られる。

ユーザー・社会に伝えたいこと

部屋が狭くて人が呼べない。いつも間にかモノであふれて使いにくい部屋を何とかしたい。四季や行事を家で楽しめない。介護される人の身になって考えた住まいを実現させたい。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

大阪市中央区南船場1-26-23 パレロワイヤル南船場803
http://renovetta.com/case.html

審査委員の評価

高度成長期に建てられた典型的なnLDK型住戸のリノベーションである。現行法規に適合させるための構造的・耐震的な手続については、既存不適格と現行確認申請が必要だが、むしろここで注目したいのは、既存の間仕切すべてを取り払い、最小限の間仕切を持ち込むことによって、多様な家族構成とライフスタイルに適合させた一室空間的なプラニングの提案である。

担当審査委員| 難波 和彦   篠原 聡子   手塚 由比   古谷 誠章  

ページトップへ