GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2013

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
ソファー [ブラケッツ]
事業主体名
コクヨファニチャー株式会社
分類
事務用品・機器
受賞企業
コクヨファニチャー株式会社 (大阪府)
受賞番号
13G080739
受賞概要
2013年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

まるで「」(かぎかっこ)のように人を囲い込みながらコミュニケーション・スペースを生み出すオフィス用ユニットソファ。9種類のソファと4種類のテーブルを自由に組み合わせていくことで「個人/グループ」「開く/閉じる」「集中/リラックス」といったバランスを細かく調節した多様な空間ができる。ソファの外側は鋭利に、内側は柔らかい曲面で構成することで「オフィス空間との調和」と「ユーザーの快適性」を両立させることが可能となり、高さが1400mmのパネルによって座った際の視線を遮ると同時に、適度に周囲の雑音を遮断する。

デザイナー

nendo 佐藤 オオキ

発売
2013年3月
価格

54,400 ~ 289,000円

販売地域

国内・海外共通仕様

受賞対象の詳細

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

立ち上がり易い座高さ、適度にリラックスできる腰当部分の形状、適度に周囲からの視線を遮るパネル高さで設計されています。内側を柔らかい曲面で構成することにより、ユーザーの快適性を追及しています。パネル付きテーブル形状は出入りのし易い天板形状と専用の脚ベースを採用しています。丸テーブルは使用目的に応じて、2種類の天板高さを用意しています。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

働き方に合わせた効率のよい使い方に対応出来るように、レイアウト変更が容易な仕様にまとめています。7種類のソファと4種類のテーブルを組み合わせることにより、多様な空間に対応できます。パネル内側には、吸音ポリウレタンを装着し、パネル内の音が適度に遮断できるように配慮しています。液晶モニターを収まりよくパネルに装着でき、電源、近接無線LANシステムにも対応できるオプションを用意しています。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

従来、オープンな空間に打合せコーナーを設ける場合、イス、テーブル、パネルと別々に単品を組合せなければならなかったが、本品では用意されている商品アイテムで空間を構築することが出来ます。また、レイアウト変更が発生した場合、組合せを変えることにより、異なった使い方で再利用する事が可能です。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

通常のローパーテーションはスチール部材に、表面材を接着する事で成り立っているが、この商品のパネルの場合は、木枠にポリウレタン、表面材を被せる事で接着剤の使用量を最低限に抑えています。上張材には再生ポリエステル69%の張り地を使用しております。

ユーザー・社会に伝えたいこと

日本の研究開発オフィスを見つめて開発しました。ワーカーどうしの接点機会を増やすことを目的に、よりオープンな空間になっているオフィス。接点は増えるものの、周りを気にせず議論に集中できる環境が少なくなっています。オープンオフィスの中で、周りの視線や音を気にせず、本音の議論が出来る環境づくりに貢献できればと思います。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

コクヨ株式会社 品川ショールーム・東京品川オフィス・東京霞ヶ関オフィス
burackets

審査委員の評価

ワークスペースでは、理想の環境はその時々、人それぞれで、なかなか丁度良いバランスの環境を確保することが難しい。このユニットに座ると、閉鎖された空間で集中したいと思えば適度の遮音性がそれを叶え、賑わいが刺激になる空間では、適度の気配を周りに伝えることができる。良い意味で「ほどほどの」バランスを保っているのだろう。座り心地もよく、精神的にも肉体的にも快適なワークスペースを演出できそうな可能性を感じる。

担当審査委員| 柴田 文江   小林 昭世   佐々木 千穂   和田 達也  

ページトップへ