GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2013

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
高周波はんだこてステーション [IHはんだこて]
事業主体名
白光株式会社
分類
開発、生産、製造のための機器・設備
受賞企業
白光株式会社 (大阪府)
受賞番号
13G070624
受賞概要
2013年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

国内メーカーとしては初の高周波はんだこて。電子部品の小型化、高機能化に伴い、微細・高密度の実装技術が求められている。そのようなニーズに対応。必要な熱量のみを供給し、熱効率が良く、作業性を向上させるツール。

プロデューサー

白光株式会社

ディレクター

白光株式会社 R&Dセンター 課長 宮崎充彦

デザイナー

喜多俊之

詳細情報

http://www.hakko.com/japan/index.html

発売予定
2014年3月
価格

60,000円 (メーカー希望小売価格)

販売地域

国内・海外共通仕様

受賞対象の詳細

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

・密集した箇所でも作業性を損なわない。・液晶パネル表示やパネルの視認性に配慮し角度をつけた本体、持ち運びに配慮した取っ手付き(ステーション) ・持ちやすいグリップで、長時間作業される方が使いやすく疲れにくい。(ハンドル)

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

生活をとりまく各種製品の小型化、簡素化にともない、部品が微細化し、精度の高いはんだ付け技術が求められている。その技術を支え、質の良いものを効率良く生み出すものづくりに貢献する。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

IH技術を利用することで、優れた温度特性により作業効率を上げ、生産ラインの中で使われることを意識したデザインにより、生産性を高める。結果、タクトタイムを短くし、現場のコストダウンにつなげることができる。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

必要な熱量を供給するので、効率の良い作業を可能にする。修正をあきらめて捨てていた微細部品搭載基板の修正作業を可能にし、資源の有効活用や廃棄物排出低減につながる。また、中国RoHS、欧州RoHSに適合し、使用材料に特定有害物質を含まない。

ユーザー・社会に伝えたいこと

IHはんだこては、ものづくりを支える製品として国際マーケットにおいて多大な評価を得てきました。今回は、新しい国際モデルをデザインすることで、更に国際社会全体の製造技術の向上と、ものづくり産業の発展を進めることができると考えます。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

パーツショップ、通信販売
販売店情報
ネットショップ HAKKO e-shop

審査委員の評価

本製品は、高周波電流による加熱方式により、小さいこて先に必要な熱量のみを供給し、微細・高密度な電子部品の実装の作業性、熱効率を高めたはんだこてである。本体をコンパクトでシンプルな形状にまとめつつ、表示パネルの視認性を高めるわずかな傾斜、操作部のわずかな隆起、持ち運びのための側面の凹型取っ手など、使いやすさが考慮されたデザインとなっている点を評価した。

担当審査委員| 安次富 隆   内田 まほろ   重野 貴   村上 存  

ページトップへ