GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2013

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
家庭用電気自動車充電スタンド [バイディー(bi-D)]
事業主体名
株式会社デンソー
分類
生活領域の移動機器・設備
受賞企業
株式会社デンソー (愛知県)
デンソーテクノ株式会社 (愛知県)
株式会社デンソーウェーブ (愛知県)
受賞番号
13G060601
受賞概要
2013年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

家庭用の電気自動車/プラグインハイブリットカーの充電スタンド。設置場所の限られる住宅の駐車場にも設置しやすいように、多層構造のユニットで部品配置を工夫し、コンパクトサイズを実現。また、内部構造で防水防滴を確保することで、樹脂筐体で作ることができ、美観を保持。充電コネクタは、引っ張ることでケーブルに設置しているフックが簡単に外れ、片手で充電操作ができる。フックは一定間隔で設置され、必要な長さを引き出せるので、余分なケーブルが散乱しにくく、躓き防止になる。非常時には電気自動車やプラグインハイブリッドカーから電力を取り出せるコンセントを内蔵しているので、電化製品を普段と同じように使うことができる。

プロデューサー

株式会社デンソー マイクログリッド事業開発室 室長 金森淳一郎

ディレクター

株式会社デンソー デザイン部 担当部長 吉田佳史

デザイナー

デンソーテクノ株式会社 情報通信5部 角尾昌紀

発売予定
2014年3月15日
販売地域

日本国内向け

設置場所

旭化成ホームズ 街かどへーベルハウス汐路 愛知県名古屋市瑞穂区汐路町二丁 目15番2

受賞対象の詳細

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

極力スイッチ等を廃止し、充電操作に集中できるシンプルな形状にすることで、多くの人が操作しやすい形状を目指した。充電ケーブルを束ねるフックの形状を、引っ張ることでホルダーから外れ、前もってケーブルを引き出しておく必要をなくした。また、フックはケーブルに一定間隔で配置され、必要な長さの分だけを引き出せる工夫をし、余ったケーブルでつまづく恐れを取り除いた。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

電気自動車やプラグインハイブリッドカーの効率を上げる、自宅での充電を簡単に日常的に行える。また、電気自動車やプラグインハイブリッドカーの電力を引き出すこともでき、日常/非日常の安全安心を普通のものに出来る。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

電気自動車やプラグインハイブリッドカーを期待されているエネルギーインフラの一つとしてより認知を広め、本製品が普及することで裾野を広げることができる。自動車産業のみならず、スマートグリッドなどのエネルギーインフラの実現に寄与し、社会、住宅産業の活性化に貢献する。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

大きな電力を蓄えることができる電気自動車やプラグインハイブリッドカーが、非常用電源やスマートグリッドの一端として活用でき、生活水準を変えることなく自然と社会貢献へ寄与できる。

ユーザー・社会に伝えたいこと

地球環境負荷の問題は常に周りにあふれています。この問題に対応しようと多くのアプローチがなされています。そのことを「知る」ことが多かったいままでから、「普通」に自分も参加できるようになりたいという想いから、デザインに取り組んでいました。日常に社会貢献がつながる一つの選択肢として広がり、利便性でも向上できるようになれたら、と考えています。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

旭化成ホームズ 街かどへーベルハウス汐路 愛知県名古屋市瑞穂区汐路町二丁 目15番2

審査委員の評価

ケーブルの格納について,樹脂筐体の外にコードホルダーを設置することで,操作性を確保しながら,散乱しがちなケーブルのつまずき防止策も施されており,非常時にハイブリッドカーや電気自動車から電力を取り出せるコンセントを内蔵.これまで多くの電気自動車/プラグインハイブリッドカーの充電スタンドが提案されてきたが,家庭に設置しやすい一回りコンパクトなサイズで家庭用電気自動車充電スタンドのスタンダードデザインを提案.

担当審査委員| 山田 晃三   羽藤 英二   原 研哉   森口 将之  

ページトップへ