GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2013

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
ジュニアシート [タカタ312アイフィックスジュニア]
事業主体名
タカタ株式会社
分類
生活領域の移動機器・設備
受賞企業
タカタ株式会社 (東京都)
受賞番号
13G060571
受賞概要
2013年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

国内初、車に確実に固定できるISOFIXジュニアシート。一般的にジュニアシートは、単に大人のシートベルトを子どもに着用させる補助シートという感が強いが、車のシートベルトは、大人用に設計されている為、適切に調整する必要がある。本製品は、頭・肩・肩ベルトガイドの3か所を同時に調整できる『フレキシブル調整機能』、身長目安を一目で確認できる『スケールウィンドゥ』を開発、成長に応じて、常に正しくシートベルトを着用できるようにした。さらに、ISOFIXの採用で車の座席へ確実に固定し、不安定さを解消した。また、乗車していない時にも座席からの本体落下を防止、乗員の保護も考えた従来にはないジュニアシートである。

プロデューサー

タカタ株式会社

ディレクター

タカタ株式会社

デザイナー

タカタ株式会社

詳細情報

http://www.takata.com/childseat

発売
2013年4月
価格

26,250円

販売地域

国内・海外共通仕様

受賞対象の詳細

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

背もたれの高さを調整すると同時に肩幅も調整できる独自の機構は、成長が著しい3〜12歳位の子どもが、常に安全・快適に車に乗車することを可能とする。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

折りたたみ式で、使わないときは、トランクなどに簡単に収納可能。ISOFIXでジュニアシートを固定することで、子どもが乗っていないとき、乗車中にジュニアシートがぐらつかずに安心できる。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

タカタは、20年近く前からISOFIXの規格制定に参画してきた。現在、多くの車にISOバーが標準装備されるようになり、このISOFIXで固定できるジュニアシートは、ぐらつくことがなく、安心、安全に使用できる。今後のISOFIXのさらなる普及拡大にも貢献できる。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

タカタは、シートベルト、エアバッグの専門メーカーであり、ジュニアシートは、クルマの衝突事故から子どもを守るために、子どもの成長、体格にあわせてシートベルトを簡単、確実に着用出来るものでなければならないと考えている。本製品は、より簡単確実に子どもにシートベルトを着用させることができるため、万一の交通事故の際に子どもの死傷者を低減させるために大きく寄与できるものと考えている。

ユーザー・社会に伝えたいこと

ジュニアシートを使用して子どもにシートベルトを正しく着用させることは、車の衝突事故から子どもを守るだけではなく、将来大人になった子ども自身もシートベルトを正しく着用する習慣につながります。そして、弊社の夢でもある「交通事故の犠牲者がゼロになる日」の実現に寄与すると考えています。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

アカチャンホンポ、ベビーザらス、Amazon等

審査委員の評価

車のジュニアシートのデザインでは,安全のためのサイズ調整をどのように実現するかが問われるといっていい。確実に車に固定できるISOFIXジュニアシートは国内初であり。頭・肩・肩ベルトガイドの3か所を,身長目安を確認しながら調整できるパッケージとしたことで、継続的な安全意識の涵養が期待できるデザイン提案となっている。

担当審査委員| 山田 晃三   羽藤 英二   原 研哉   森口 将之  

ページトップへ